続報:PS4/Vita『よるのないくに2』正式発表[更新:キャラプロフィールやシステム概要など詳細が判明]

yorunonaikuni2_160823 (2)

yorunonaikuni2_160823 (1)
昨日、とある雑誌のゲーム発売予定表をソースに噂としてお伝えした『よるのないくに2 新月の花嫁』ですが、先ほど電撃オンライン上にて正式発表されました。対応ハードはPS4/PS Vita。価格はPS4版7300円、PS4プレミアムボックス10,300円、PS4スペシャルコレクションボックス16,300円、PS Vita版6,300円、PS Vitaプレミアムボックス9,300円、PS Vitaスペシャルコレクションボックス15,300円(全て税別)です。

前作から引き続きプロデューサーを務める菊池啓介氏のもと、『戦国無双Chronicle』の片岡宏氏がディレクター、『零』『影牢』シリーズで知られる柴田誠氏がシナリオ、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』で脚本、『BLOOD+』で監督を務めたProductionI.G 藤咲淳一氏がシナリオ監修として開発に参加。なお、キャラクターデザインは引き続き四々九氏が担当します。また、アクションが大幅にパワーアップしており、前作の従魔システムを超える新システムが導入されているとのことです。

yorunonaikuni2_160823 (2)yorunonaikuni2_160823 (3)yorunonaikuni2_160823 (4)yorunonaikuni2_160823 (5)

【更新:詳細情報追記】

スポンサーリンク

世界観

プロローグ

教皇庁の騎士であるアルーシェは、幼なじみの巫女リリアーナの護衛を任される。教皇庁にたどり着く2人だが、そこでリリアーナが月の女神に捧げられる生贄だと知る。驚きと悲しみの中、アルーシェは強大な妖魔との戦いで死んでしまう。しかし彼女は教皇庁の手によって半妖として蘇生させられてしまうのだった……。

世界観や終末的ダークファンタジーといったテイスト、従魔システムなどの設定を継承する一方で、ゲームという部分でのプレイ感はかなり異なるとのこと。

キャラクター

アルーシェ・アナトリア

まっすぐな性格で言葉よりも行動で物事を示す少女。半妖となった彼女は、妖魔を倒す力を手に入れリリアーナを救うべく戦いに身を投じる。

リリアーナ・セルフィン

「刻の花嫁」に選ばれた少女。誰にでも別け隔てなく接する優しい性格で、同時に芯の強さも持ち合わせている。

ルーエンハイド・アリアロド

アルーシェとリリアーナの幼なじみで、教皇庁の対抗組織の聖騎士。熱い性格で高慢に見えるが、根は真面目。

システム

  • パートナーとなる「リリィ」と共に邪妖と戦うことができる。
  • パートナーの「リリィ」は自由に選ぶことができ、共闘を重ねることで絆が深まっていく。
  • 絆が深まったリリィは新たな能力が開花したり、親密なイベントが発生するようになる。
  • リリアーナやルーエンハイドもリリィのひとりとして共に戦う。

関連リンク
 ・電撃オンライン

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事