『イースVIII』グリゼルダ総督が再び登場。芸術をこよなく愛する貴族オースティンの情報も

ys8_160624

日本ファルコムは、7月21日にPS Vita版の発売を予定しているアクションRPG『イースVIII ラクリモサ・オブ・ダーナ』について、新キャラクターの情報を公開しました。

スポンサーリンク

キャラクター

グリゼルダ CV:大空直美

002
「アドル・クリスティン……このような場所で貴殿に出会うとはな」

セルセタ地方の総督を務めるロムン帝国の高潔な女性。
毅然としつつも心優しき人格者で、3年前、冒険家としてのアドルの腕を見込み、未開の地「セルセタの樹海」の調査を依頼した。
アドルが去った後も総督としてセルセタを治めていたようだが、そんな彼女がグリーク地方にいる理由とは一体?

sub22ss01004sub22ss02

オースティン CV:岸尾だいすけ

005
「後世に名を残すであろう偉大なる芸術家――そう、それが僕のことさ!」

 絵画に彫刻、劇作とあらゆる芸術をこよなく愛するグリア出身の青年貴族。ただし、音楽だけは自信が無い。
 かなり自己陶酔的な性格らしく、自分は他の人間とは違う、選ばれし特別な存在であると思い込んでいるフシがある。
 セイレン島の探索中、獣たちに囲まれたアドルたちを助けようと颯爽と姿を表すのだが……。

006007

関連リンク
 ・イースVIII ラクリモサ・オブ・ダーナ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事