『ゼルダ無双』やりこみ用「アドベンチャーモード」の目的は”闇の支配者”を見つけ出し倒すこと。ネットワークリンクを助けると強力な武器や報酬を獲得できる

コーエーテクモゲームスは8月14日に発売を予定しているWii U用ソフト『ゼルダ無双』の公式サイトを更新しました。

今回は、敵キャラクターとして発表されたものの、プレイヤーキャラクターとして使えることも明らかとなった「ザント」と「ギラヒム」、そしてついに参戦が発表された「ガノンドロフ」らのスクリーンショットや動画をはじめ、新ステージ「聖剣の神殿」「精神の宮殿」「ゲルド砂漠」、やりこみ用モード「アドベンチャーモード」の詳細が公開されています。

スポンサーリンク

キャラクター

プレイキャラ:「ザント」スクリーンショット

プレイキャラ:「ギラヒム」

プレイキャラ:「ガノンドロフ」

闇の中にうごめく邪悪なエネルギーが人の形となって現れた存在。見たものを恐怖に陥れる容姿を持ち魔王と称される。「力のトライフォース」を司る者とされている。

「力」「知恵」「勇気」の三つの「トライフォース」をすべて手に入れ、その強大な力によって世界を支配しようと目論む。

一対の大剣をたずさえており、常人では一本でさえ動かすこともままならない巨大な剣を片手でやすやすと振り回し、眼前に立ちはだかるものすべてをその豪腕で叩き伏せる。

敵キャラ:テスチタート

zelda-musou_manhanndla_140807 (3)

荒地に生える巨大な植物の魔物。

渇きの激しい貧しい土地に生育するため、表皮を硬化させて水分の放出を抑え外敵から身を守る能力を持つ。胴体の下には、根が変化した短い脚がびっしりと生えており、植物でありながら自由に動き回ることができる。

見るのもおぞましい植物だが、体内には真紅の宝石のような美しい結晶を持っているといわれ、結晶を狙って犠牲になる冒険者が後を絶たない。

zelda-musou_manhanndla_140807 (2)

敵キャラ:キングドドンゴ

zelda-musou_kingdodongo_ss03 (1)

溶岩地帯に生息する巨竜。その巨体は燃え盛る溶岩をものともしない強靭な皮膚で覆われている。

本来は攻撃的な性格ではなく縄張りに立ち入るもの以外に対して過度に敵意を持つことは少ないが、最近暴れている姿が多く目撃されている。

体内に燃焼性の高い体液を留める火炎袋を持っており、高温の火炎を放出して攻撃する。また、地中を移動するための強靭な爪や角は、ひとたび戦闘になるとおそろしい破壊力の武器と化す。

ステージ

聖剣の神殿

zelda-musou_seiken-no-shinden_140807 (5)

聖剣の神殿はハイラルの西の果て、湖に浮かぶ城塞都市にある。
古くに栄えたとされる都市は、数百年前に多くの魔物の襲撃に遭い、滅んだと言われている。
廃墟と化した街からは、人々や魔物の気配は感じられない。
風化し崩れ去った街区のはずれには、そこだけ時が止まったかのように、今なお昔の姿を留める荘厳な神殿が存在する。
その神殿の奥には、台座から決して抜けない高貴な剣があるとされ、かつて多くの盗賊がこれを狙ったが、誰一人としてその剣を抜くことはできなかった。
月日が経つ中、やがて剣を奪おうとするものは誰もいなくなり、
そして、その聖剣のことも都市とともに、人々の記憶から忘れ去られていった。

精神の宮殿

zelda-musou-seishin-no-kyuden_140807 (2)

この世界に突如現れた異空間に存在する宮殿。
庭には不気味な色のバラが季節を問わず咲き乱れ、異様な形にうねる触手のような樹木が育っている。また、宮殿は豪華ではあるものの、外部や内部に歪みやねじれの構造を持ち、ところどころに得たいの知れない空間への深い奈落へと繋がる穴が開いていて、その場に居合わせた者に心の奥底から湧き上がるような不安を感じさせる。
おそらく宮殿は実在するものではなく、誰かの精神世界が建物という形をとって異空間に現実化したものだと思われるが、その持ち主の心は執着、憎悪、嫉妬といった精神から生まれる歪んだ狂気に支配されていると推測される。

ゲルド砂漠

zelda-musou-gerudo-sabaku_140807 (2)

ハイラルの東には南北に世界を分断する地の裂け目、「死の谷(デスバレー)」と呼ばれる橋をかけることのできない大地溝帯が走っている。その深く険しい谷を越えた先には、ゲルド砂漠と呼ばれる不毛の大砂漠がどこまでも広がっている。
砂漠には、はるか昔この未開の地に挑んだ人々が作り上げた荒々しい文化の跡「処刑場」や、その末裔「ゲルド族」の暮らす集落などが見受けられる。しかし、世界に異変が発生して以降、この砂漠は各地の魔物たちが流れ着く先となっており、今では魔物が跳梁跋扈する人の住めない弱肉強食の世界となっている。

システム

アドベンチャーモード

アドベンチャーモードは、ハートの器や強力な新武器を手に入れ、キャラクターを強化したり新たに操作可能なキャラクターを手に入れたりできる、やりこみ用のモード。移動できるマップはバトルに勝利するごとに増えていく。

zelda-musou-adventure-mode_140807 (2)

アドベンチャーモードの全体マップ画面

バトル詳細画面」では、マップごとのバトル内容や、手に入る報酬の情報を確認することができる。アドベンチャーモードの目的は様々な種類のバトルに勝利することで、マップを広げながら、どこかに潜む闇の支配者を見つけ出し倒すこと。

プレイ可能なキャラクターから好きなキャラクターを選びプレイできるが、マップによっては、キャラや武器に制限があるものも。

アイテムカードを使って隠されたヒミツを探す「探索画面」。新しい進行ルートや強力な武器などを発見できる。

巨大なドドンゴを2体同時に相手にするなど、レジェンドモードにはないバトルも楽しめる。

アドベンチャーモードのバトルは、操作キャラだけで戦い提示されたミッションの成功を目指す「チャレンジバトル」と、味方と共に戦う大きなバトル「アドベンチャーバトル」の2種類がある。

ボスが潜む敵本拠地に鍵がかかっている場合があり、どこかの砦に隠されている「ボス部屋の鍵」を見つける必要がある。

敵の砦に妖精が捕らわれていることがある。妖精は、その砦を制圧することで助け出すことができ、他の砦に張られている「ダメージを受ける結果」を消し去ってくれる。

ネットワーク接続をONにしていると、全体マップ画面に「ネットワークリンク」(他プレイヤーのリンク)が色違いのリンクとなって出現することがある。ネットワークリンクは助けを求めており、バトルに勝利することで助けることができる。ネットワークリンクのいるマップは、バトルの難易度が高くなるが、その分強力な武器や報酬を獲得できる。

トレジャーボックス特典:「力」コスチューム(2種)DLコード

zelda-musou-tokuten_140807


関連リンク
 ・ゼルダ無双 公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事