『絶体絶命都市4』基本的な要素は継承しつつオンラインなど近年の表現手法や技術を取り入れたい

『絶体絶命都市4』基本的な要素は継承しつつオンラインなど近年の表現手法や技術を取り入れたい

グランゼーラ九条一馬氏が、念願の復活が決定し今秋には正式発表を予定している『絶体絶命都市4』についてインタビューに応じました。

それによると、アイレムより発売予定だった『絶体絶命都市4』のテーマや夏が舞台といった基本的な要素は継承しつつ、近年の表現手法や技術を取り入れる必要があると考えているそうです。

具体的にはオンライン対応を挙げており、先にプレイした人が、後でその場所に訪れるプレイヤーに生き延びるヒントや危険を知らせる警告、貴重なアイテムを残している要素を導入したいとのことです。

なお、『バンピートロット』の続編について問い合わせがあると明かし、強い愛着はあるものの、今のところは『絶体絶命都市』の約束しかできないとコメントしています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事