シリーズ初となるSteam版『真・女神転生III ノクターン HDリマスター』5月25日リリース決定。4日間の先行アクセス含む『デジタル豪華版』も登場

スポンサーリンク

アトラスは、Steam版『真・女神転生III ノクターン HDリマスター』を5月25日に発売すると発表しました。価格は4,980円(税込)です。また、4日間の先行アクセスを含む『デジタル豪華版』も用意されており、こちらの価格は6,980円(税込)です。以下のコンテンツが同梱されます。

デジタル豪華版 同梱内容

■ゲーム発売4日前の5月21日にプレイ可能となる、アーリーアクセス権

■DLC: マニアクスパック
タイトル画面に『NEW GAME -マニアクス-』が追加され、このモードではゲーム内容が『真・女神転生III-NOCTURNE マニアクス』に準じます。
『Devil May Cry』シリーズのデビルハンター・ダンテが登場。
※本作では、ダンテのスキル『父の名に誓って』に『貫通効果』が追加されます。

■DLC: クロニクルパック
タイトル画面に『NEW GAME -クロニクル-』が追加され、このモードではゲーム内容が『真・女神転生III-NOCTURNE マニアクスクロニクルエディション』に準じます。
『デビルサマナー』シリーズの葛葉ライドウが登場。

■DLC: 難易度 『MERCIFUL』
もっとも低い難易度の『MERCIFUL』を追加

■DLC: 情けと期待
『坊ちゃまの情け』
『主の期待』

■DLC: ボルテクス界BGM変更パック
『BGM パック1: 真・女神転生』 (2曲)
『BGM パック2: 真・女神転生 II』 (2曲)
『BGM パック3: 真・女神転生 IV』 (2曲)
『BGM パック4: 真・女神転生IV: FINAL』 (2曲)
※「DLC: マニアクスパック」および「DLC: クロニクルパック」について、モードの選択はゲームを最初から開始する時にのみ行えます。
また、すでに『NEW GAME』でプレイ中のセーブデータとの互換はありません。

本作は原作尊重を前提に、グラフィックスやゲーム性を向上。イベントシーンにボイスを追加し、Steam版では日本語と英語の切り替えも可能に。また、基本となる難易度「NORMAL」と、よりスリリングな体験ができる最高難度「HARD」を標準搭載しつつ、シリーズ未経験者でも物語に没頭できるよう、もっとも易しく慈悲深い難易度「MERCIFUL」も無料DLCで追加予定です。