度し難いアクションRPG『メイドインアビス 闇を目指した連星』PS4/Switch/Steamにて2022年リリース決定

スポンサーリンク

スパイク・チュンソフトは、PS4/Switch/Steam用ソフト『メイドインアビス 闇を目指した連星』を発表しました。2022年にリリース予定で、価格は未定。CEROレーティングはZです。

本作はWEBコミックガンマにて、つくしあきひと氏が2012年から連載しているファンタジー漫画『メイドインアビス』と、2017年に放映されたアニメをゲーム化した作品。プレイヤー自身がアビスの世界に降り立ち、成長を重ねながらアビスの深層を目指す3DアクションRPGとなっており、アニメを追体験するストーリーに加えて、原作者によるオリジナルストーリーも収録。原作キャラクターが数多く登場し、イベントシーンはアニメキャストによるフルボイスで展開します。

『メイドインアビス 闇を目指した連星』について

原作者・つくしあきひと氏が監修するオリジナルストーリー
アニメキャストによるフルボイス
アビスの世界を体験する3DアクションRPG

株式会社スパイク・チュンソフトは、人気コミック「メイドインアビス」を原作とする3DアクションRPG『メイドインアビス 闇を目指した連星』を、PlayStation 4/Nintendo Switch/PC(Steam)向けに発売いたします。

「メイドインアビス」は、原作者・つくしあきひと氏がWEBコミック配信サイト「WEBコミックガンマ」(竹書房)で2012年から連載しているファンタジー漫画です。ほのぼのとした絵柄で、ダークで過激なストーリーが描かれる独創的な世界観は、そのギャップも相まって多くのファンの支持を得ており、コミック単行本は現在9巻を数え連載継続中です。また、2017年にテレビアニメ放映が、2019年に総集編の劇場上映が、そして2020年1月には完全新作アニメが劇場公開されました。その際にはシリーズ続編制作決定のアナウンスもあり、コミック本編に留まらず、新しい話題をファンに提供し続けています。

このたび発売する『メイドインアビス 闇を目指した連星』は、プレイヤー自身がアビスの世界に降り立ち、成長を重ねながらアビスの深層を目指す3DアクションRPGです。アニメを追体験するストーリーのほか、原作者・つくしあきひと氏が監修するオリジナルストーリーも用意しており、原作テイストのダークファンタジーを存分にお楽しみいただけます。原作キャラクターも数多く登場し、イベントシーンはアニメキャストによるフルボイスで展開いたします。

<ゲームオリジナルストーリー>

リコたちがアビスへと旅立ってから幾日かが過ぎたあくる日から始まる、もう一つのアビスの物語。

この世界の唯一最後の深淵である『アビス』を舞台にして、幾多の物語が生まれ……そして、消えてゆく。

それらの物語に登場する者たちは、みな、『アビス』の魔力に魅せられ、『奈落の底』を目指す。

これから紡がれる物語は、もうひとつの『アビス』で行われる名も知れぬ誰かの探窟譚である。

『メイドインアビス 闇を目指した連星』ゲームスペック

タイトル: メイドインアビス 闇を目指した連星
機種: PlayStation 4 / Nintendo Switch / PC(Steam)
発売日: 2022年予定
希望小売価格: 未定
ジャンル: 度し難いアクションRPG
プレイ人数: 1人
CERO: Z(18歳以上のみ対象)

公式サイト:https://www.spike-chunsoft.co.jp/miabyss/