日本一ソフトウェアの新作はPS4『ハコニワカンパニワークス』キャラ育成のやりこみ+クラフト要素を持つシミュレーションRPGに

日本一ソフトウェアがティザーサイトとティザームービーを公開していた新作の正体が、PS4向けシミュレーションRPG『ハコニワカンパニワークス』であることが判明しました。発売日は7月13日で、価格は6,980円+税。ゲーム概要は以下の通りです。

スポンサーリンク

『ハコニワカンパニワークス』について

  • キャラ育成のやりこみに加えて、地形破壊や素材集め、建物の建築といったクラフト要素を収録。
  • ゲームの舞台は、無数の島々が空に浮かぶ「クラウズエンド」と呼ばれる世界。各島ではそれぞれ独自の文化が築かれており、プレイヤーは島を繋ぐ「カンパニー」となり様々な依頼をこなしていく。
  • 職業の概念があり、戦闘が得意なキャラや掘削が得意なキャラなど適材適所に運用する。
  • 戦闘用の武器だけでなく、ツルハシやシャベルなどの掘削道具まで様々な装備が登場する。
  • 素材のブロックを集めて、建物や家具などをクラフト。建物の種類やインテリアによって、そこに住むキャラを強化可能。
  • 見た目を自由に作成できる「おえかき」機能も実装。

キャラクター

  • メメ・カザミドリ(CV:斉藤朱夏)
    かつて有名カンパニーに所属していた少女。明るくポジティブな性格。

初回封入特典

「おえかき」で使用できる100体ぶんのパーツ。フロン、チェルカ、少女(夜廻)など日本一ソフトウェアのキャラのものが付いてくる。

スクリーンショット&ムービー

hakoniwa_170328

関連リンク

 ・電撃オンライン

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事