『レッド・デッド・リデンプション2』公式ゲームプレイ動画がついに公開!(※日本語ナレーション映像に差替)

ロックスター・ゲームスは10月26日に発売を予定しているPS4/Xbox One用ソフト『レッド・デッド・リデンプション2』について、先日の予告通り公式ゲームプレイ動画を公開しました。(※更新:日本語ナレーション付きの映像に差し替えました)

『レッド・デッド・リデンプション2』公式ゲームプレイムービー

『レッド・デッド・リデンプション2』公式ゲームプレイ動画
  • ロックスター・ゲームスが『RDR2』で作ろうとしたのは単なるオープンワールドではない。奥深く、インタラクティブでリアルな世界。
  • 革新的なアクション、ストーリー、そしてゲームプレイ。馬を乗りこなし、敵と戦い、悪名高いギャングのひとりとして生き残れ。
  • アメリカの中心からフロンティアまで広大な世界を探索できる。過酷な山道、鬱蒼とした森、人里離れた沼地、見渡す限りの荒野、荒涼とした牧場、近代化が進む街など。
  • プレイヤーキャラクターはアーサー・モーガン。生活の文明化に逆らって生きる無法者、異端者の集団ダッチギャングの有能な幹部。
  • ギャングは様々な圧力から逃れながら各地でキャンプを設営する。キャンプでは、食事、睡眠、雑務、ゲーム、会話をすることができる。
  • アーサーはギャングのメンバーを家族のように慕っており、プレイするにつれて、彼らとの絆が深まっていく。
  • 食料や物資をキャンプに支給すると、団結力を維持できる。他のメンバーと一緒に過ごすと、新たな秘密が反映したり、悪さのチャンスも得られることもある。
  • キャンプの内外を問わず、プレイヤーの行動に世界が反応。交流する方法は銃だけではない。騎手に声をかけたり、町中で屈強な男に喧嘩をふっかけたり、保安官をごまかしたり、目撃者を脅して黙らせることもできる。
  • また、対立の激化・沈静化も自自。友情を築くことも敵対することもできる。プレイヤーの行動は名誉レベルにも影響を与え、アーサーの評価を左右する。
  • 銃撃戦などの戦闘にも大幅な改良が加えられた。武器にはそれぞれ特徴があり、リアルなリロードや反動を通じて、銃撃戦の没入感を味わえる。
  • 馬との絆が重要で、接し方によって馬が変化を見せる。特定の役割に適した種もいる。鞍やサドルバッグには、旅や狩りの最中に拾った武器、物資、動物の死骸を入れることができる。
  • 馬との絆が深まると、緊迫した状況下でも、馬をコントロールしやすくなる。
  • 世界には豊かな生態系が広がっている。捕食者、被食者、スカベンジャー、いずれも狡猾で死に至ることもある。
  • 狩りはキャンプに役立ち、お金も獲得できる。
  • 動物の皮などのアイテムを現金に交換すれば、様々な店、銃砲店、酒場などで使用できる。
  • 『RDR2』の世界は奥深く綿密に作り込まれている。どこでも馬、または自らの足で探索可能。
  • 次回のトレーラーでは、ミッション、アクティビティ、敵対ギャング、強盗のほかに、デッドアイシステムを利用した精密射撃の進化などを紹介。

関連リンク

Red Dead Redemption 2
Red Dead Redemption 2 will be available worldwide for PlayStation 4 and Xbox One systems on October 26, 2018. Developed by the creators of Grand Theft Auto V an...