ゾンビに制圧された東京が舞台のJKハクスラアクションRPG『DEAD OR SCHOOL』PS4/Switch版は2019年8月発売が目標

Studio NanafushiがSteamにて早期アクセスを実施している『DEAD OR SCHOOL』について、開発者のひとり木星在住氏がPS4版とNintendo Switch版のリリース時期について8月を目標にしていることを明らかにしました。なお、昨年のツイートによると、Xbox One版の審査も提出するとのことでしたが、最新のツイートにはXbox Oneに関する言及はありません。

本作は地上をゾンビに制圧された東京を舞台に、地下育ちの少女ヒサコが祖母から聞いた「学校」を夢見て地上を目指すというハクスラ・アクションRPG。以下は、浅草ステージが追加された最新バージョン5.0のトレーラーです。