12週にわたって未知の新作が毎週1本届く携帯ゲーム機「Playdate」発表!『塊魂』高橋慶太氏の新作も配信へ

Mac用ソフトウェアや自然保護区を舞台に森林火災監視員の不思議な体験を描くADV『Firewatch』などで知られるソフトウェアメーカーPanicが、斬新なコンセプトを掲げた携帯ゲーム機「Playdate」を発表しました。

  • 今年後半に予約開始。2020年初頭より149米ドルで発売予定。
  • 技適取得や日本語対応を含むローカライズも予定されており、海外と同時期・同価格帯での展開を目指す。
  • ゲーム画面は2.7インチのLCDスクリーンで、解像度は400×240ドット。2色モノクロ、バックライトなし。
  • 十字キーとABボタン、そしてサイド部分に回転式ハンドルコントローラを搭載。
  • ほか、Wi-Fi、Bluetooth、USB-Cポート、ヘッドフォンジャックも備える。
  • 12週にわたって毎週1本新作ゲームが届くというシーズン制のゲーム配信が大きな特徴。どのようなゲームかは配信されて初めて分かる。
  • 毎週配信されるゲームは本体料金に含まれている。つまり「Playdate」は、未知のゲームとの巡り合いも含めた体験型エンターテインメントとして設計された商品。
  • 『塊魂』の生みの親として著名な高橋慶太氏の新作『Crankin’s Time Travel Adventure』が配信予定。主人公のCrankinがデートに遅刻しないよう、ハンドルコントローラで時間を操作しながら障害物を避けていくというギミックが入っている。

  • 特殊な操作方法による難易度の高さと奇妙な動きが笑いを誘うランナー走らせゲー『QWOP』や、ツボ男がハンマーを駆使して登山する激むずな奇抜ゲーム『Getting Over it with Bennett Foddy』などで知られるベネット・フォディ氏の新作も登場予定。
  • シーズン2やストア販売機能の実装については売上や反響次第。
  • 自作ゲームを本体に移して遊ぶことが可能。専用のソフトウェア開発キットとMacベースのエミュレーターなどが提供予定。開発言語はLuaとCに加えて、幅広い人がゲームを作れるような方法を模索中。