Google新ゲームプラットフォーム「Stadia」11月よりサービス開始。月額料金や対応タイトルなど様々な情報も明らかに

スポンサーリンク

Googleはゲームストリーミングサービス「Stadia」の詳細を発表しました。

  • 2019年11月にまずは欧米を中心とした14カ国(日本は含まず)でローンチ。2020年以降、順次サービスエリアを拡大していく。
  • 有料プラン「Stadia Pro」は月額9.99ドル。対象タイトル(※ラインナップは徐々に拡充)が遊び放題になるほか、ゲーム購入時には割引が適用される。最大4K/60fps/HDR/5.1chサラウンドでのゲームプレイに対応。
  • 無料プラン「Stadia Base」は2020年からサービス開始。遊びたいゲームを個別に購入する形式。解像度は最大1080p/30fpsで5.1chサラウンドには非対応。
必要回線速度
  • スターターキット「STADIA Founder’s Edition」が129ドルで発売。ナイトブルーカラーのSTADIA Controller、Chromecast Ultra、Stadia Pro 3ヶ月利用権×2(片方は他ユーザーへのプレゼント用)などがセットになったもの。
  • STADIA Controller 単体価格は69ドル。
  • StadiaをPCのChromeブラウザやスマホで遊ぶ場合には、キーボード/マウス、PS4やXbox Oneなど他のコントローラーも利用可能。テレビで遊ぶ場合にはChoromecastとStadia Controllerが必要。
  • 100以上のパブリッシャーと連携し様々なジャンルの作品を提供すると約束。
  • 対応タイトルとして『Baldur’s Gate III』、『Ghost Recon: Breakpoint』、『The Division 2』、『Gylt』、『Get Packed』が発表。
  • さらに紹介映像では 『Mortal Kombat 11』、『ファイナルファンタジーXV』、『DOOM』、『Rage 2』、『Tomb Raider』といった作品も登場。
Stadia Connect 6.6.2019 – Official Sizzle Reel

対応タイトル

  • アサシン クリード オデッセイ
  • Baldur’s Gate 3
  • ボーダーランズ 3
  • Darksiders Genesis
  • Destiny 2
  • DOOM
  • DOOM Eternal
  • ドラゴンボール ゼノバース2
  • Farming Simulator 19
  • ファイナルファンタジー15
  • Football Manager
  • Get Packed
  • GRID
  • GYLT
  • Just Dance 2020
  • メトロ エクソダス
  • Mortal Kombat 11
  • NBA 2K
  • Power Rangers: Battle for the Grid
  • Rage 2
  • Rise of the Tomb Raider
  • SAMURAI SPIRITS
  • Shadow of the Tomb Raider
  • ザ クルー2
  • The Elder Scrolls Online
  • Thumper
  • Tomb Raider Definitive Edition
  • ゴーストリコン ブレイクポイント
  • ディビジョン 2
  • トライアルズライジング
  • Wolfenstein: Youngblood