PS4『A列車で行こうExp.+』11月14日に発売決定!新機能や建物、駅、車両、シナリオなどがプラスされたアッパーバージョン!

スポンサーリンク

アートディンクはPS4用ソフト『A列車で行こうExp.+』を11月14日に発売すると発表しました。価格は7,800円+税です。早期購入特典としてサポートガイドが同梱します。

A列車で行こうExp.+とは

2017年12月に発売されたPS4用ソフト『A列車で行こうExp.』に、充実の新機能や建物、駅、車両、シナリオなどをプラスした新製品。

機回しや連結で柔軟な列車の運行が可能になり、転車台や新規アイテムなどで鉄道の走る情景が豊かに。より趣のある街並みが楽しめるようになりました。

無印版購入者向けにDLCも用意

既に『A列車で行こうExp.』を購入したユーザー向けに、「+」部分のみを収録した追加コンテンツも同日配信決定。価格は3,200円+税です。

A列車で行こうExp.+ オープニングムービー

PS4「A列車で行こうExp.+(エクスプレス プラス)」OPムービー

Exp.+新機能

転車台(ターンテーブル)と機回し機能

これまでは機関車が終着駅に着くと、そのまま折り返して後ろ向きで発車していたため、速度が落ちてしまいましたが、今後は転車台で先頭車両を回転し、機回しによって付け替えることで、常に前向きで機関車が運行します。

列車の連結と解除

これまでは運行中に列車編成を変更できず、効率的に運行するには地域の利用者数によって別々の車両を運行させる必要がありましたが、今作では利用者の多い地域では連結して走り、少ない地域では2台に分かれて別のルートを走るといったような効率の良いダイヤ編成が楽します。

収録車両、建物、シナリオなど

充実の鉄道車両群

総収録車両数は224車両7車両=全231車両!
ユーザーの要望に応えついに実現された車両や、観光地に欠かせない車両が多数収録。景観は、さらにリアリティを増す。

バラエティ豊かな建物群

収録される鉄道車両にプラスして置きたくなる、建物とアイテムを収録。

運行を支える多彩な駅

元々収録されていたスタンダードな駅にプラスして、風情のある地方駅をイメージした駅や、列車運行の柔軟性を高める駅を収録。

「A列車紀行」など収録シナリオ

「乗りものニュース」で連載されていた、「A列車で行こう」で実在の観光地を再現する「A列車紀行」のマップを6エリア全て収録。

その他機関車が活躍するマップを含め、全部で7シナリオをプラス。

公式サイト: A列車で行こうExp.+