『ドラゴンボールZ カカロット』ストーリー&Z戦士の情報公開!新たなスクリーンショットも多数お披露目

スポンサーリンク

バンダイナムコエンターテインメントは、2020年初頭に発売を予定しているサイバーコネクトツー開発のPS4/Xbox One向けアクションRPG『ドラゴンボールZ カカロット』の公式サイトを更新し、ストーリーとZ戦士の情報を公開しました。

スポンサーリンク

ストーリー

サイヤ人襲来!限界パワーの超戦士!

天下一武道会でのピッコロとの激闘から5年──
孫悟空はチチと結婚し、2人の間に生まれた息子の悟飯と穏やかで平和な日々を送っていた。
そんなある日、悟空の兄と名乗るサイヤ人ラディッツが宇宙船に乗って地球へやってくる。
ラディッツは悟空に対して、同じサイヤ人の仲間として他の星に攻め込むことを提案するが、悟空はそれを拒否。ラディッツは圧倒的な力を見せつけた後、悟飯を人質にとり去っていってしまう。
そこへ現れたピッコロが、共通の敵を倒すために共闘を申し出る。
かつてない強力なコンビの誕生である……!

悪の帝王フリーザ!目覚めろ伝説の超サイヤ人!

サイヤ人達との激闘の末、多くの仲間とドラゴンボールを失ってしまった。
悟空、クリリン、ブルマは、仲間達を甦らせるために、ドラゴンボールを求めて神やピッコロの故郷であるナメック星へと旅立つ。
しかし、ナメック星のドラゴンボールを狙っていたのは悟空たちだけではなかった…。

Z戦士

プレイアブルキャラクター

ストーリーの進行に応じて操作キャラクターが交代。

孫悟空(プレイアブル/サポート)

赤ん坊の頃、惑星ベジータから地球に送り込まれた「地球育ちのサイヤ人」。サイヤ人としての本名はカカロット。性格は元気で明るく、強い相手と戦うことを好む。数々の強敵との死闘を通じて大きく成長していく。

孫悟飯(プレイアブル/サポート)

悟空とチチの間に生まれた子供。悟空の育ての親である孫悟飯の名前が継承されている。悟空とは対象的に闘いを好まないが、本人も気づいていないほどの爆発的な潜在能力を秘めている。

ピッコロ(プレイアブル/サポート)

ピッコロ大魔王の息子にして分身、また生まれ変わりでもある魔族の戦士。当初は悪の心が強く、世界を支配しようと打倒悟空のため修業を続けていたが、ラディッツの襲撃を受けて共通の敵を見出したことをきっかけに悟空達と行動を共にするようになる。

ベジータ(プレイアブル/サポート)

戦闘民族サイヤ人の星、惑星ベジータの王子であり、並外れた戦闘力を持つ誇り高きエリート戦士。かつては地球で悟空達と死闘を繰り広げたが、ナメック星での出来事をきっかけに、悟空達と行動を共にするようになる。

サポートキャラクター

パーティに編成して共に闘うことが可能。プレイアブルキャラとは違った特殊な技を扱うことも。

クリリン

悟空が少年の頃から共に亀仙人のもとで修行していた、悟空の親友にしてライバルでもある。
現在も亀仙人と共に暮らしながら、住み込みで修業を続けている。

ヤムチャ

悟空の少年時代に旅の途中で出会った盗賊。その後、盗賊からは足を洗い、亀仙人に弟子入りして修業を積んだ。
ブルマとは恋人同士だったが、ヤムチャの浮気性が原因でフラれることに。

天津飯

三つの目を持つ武道家。かつては鶴仙流の拳士として悟空達と敵対関係にあったが、お互いを知り合ってからは心強い仲間へとなっていった。

餃子

天津飯とは兄弟弟子の関係で、同じく鶴仙流の使い手。天津飯を「天さん」と呼んで兄のように慕っている。格闘よりも超能力を使った技を得意とする。