『アズールレーン クロスウェーブ』フォトモード紹介映像(前編)と詳細が公開!(※更新:複数キャラでの撮影を紹介する“後編”追加)

スポンサーリンク

コンパイルハートは8月29日に発売するPS4用ソフト『アズールレーン クロスウェーブ』について、「フォトモード」紹介映像(前編)を公開しました。

更新:フォトモード紹介映像の後編を掲載しました。

スポンサーリンク

アズレンCW 流NEWS・第35回『フォトモード紹介』~前編

アズレンCW 流NEWS・第35回『フォトモード紹介』~前編

フォトモード詳細

カメラは2パターン用意。「通常のバトルシーンと同じもの」と「ステージ中のカメラアイコンを動かす本モード専用のもの」。□ボタンで切り替え可能。どちらも、そこそこ、下方向への移動が行えるが、大人の事情により一定よりも下、海中などへはカメラを移動できない。

モデル側の挙動についても、同じく大人の事情により縦回転などは行えない。代わりに、カメラのズームインは制限を非常に緩くしてある(※カメラがモデルに触れた場合は一時的にモデルが非表示になり、艤装の場合は突き抜ける)。最大ズーム時は、モデルやモーションの造りの粗いところまで見えてしまうが、ズームインにより凝った絵面が作りやすいことを優先した。

数は少ないが、モデルとポーズと表情にバリエーションがある(※その一部は、没モーションを流用した本モード専用のもの)。 あくまで鑑賞専用の仮想空間であり、関連した会話イベントなども無く、ストーリー性は一切ない (※これを理由に、対象の31人の内あの人とあの人のモデルも隠し要素として出せることになった。それが誰かは、公式サイトをくまなく探すとヒントあり) なお本動画は、1体だけ3Dモデルを表示したときのプレイ動画。 複数の3Dモデルを表示した場合の操作については次回、ユニオンのクリーブランドが直接解説する。

アズレンCW 流NEWS・第36回『フォトモード紹介』~後編

アズレンCW 流NEWS・第36回『フォトモード紹介』~後編
  • フォトモードはストーリーモードの1章をクリア後、メインメニューへ戻れば解禁。
  • 登場するモデルは、プレイヤー(=指揮官)が艦隊に加えているKAN-SENが対象。スカウトにより、艦隊の戦力が増すだけでなく、フォトモード用のモデルも増えていく。
  • フォトモード中はエフェクトの表示を行えないため、戦闘描写を再現するのは難しい。 一方、戦闘中はOPTIONSボタン押下により画面に一時停止をかけることが可能なので、戦闘描写を撮る場合はこちらも活用すると良い。 ただし、一時停止中はPAUSEメニューが表示される。
  • 本作では「キャラクターが出血する表現」「衣装が破れる」といった過激な要素は未収録。ゲーム中、一部のキャラクターで、本動画1:34のようなシーンになることはある。
  • ゲーム本編は合同大演習という名のマリンスポーツが主目的、さらにこのフォトモードは仮想空間・ビューアーという位置づけのため、健全に楽しめる。