『龍が如く7 光と闇の行方』2020年1月16日発売決定。主人公と舞台、そしてバトルを一新したナンバリング最新作!堤真一、安田顕、中井貴一の豪華俳優陣の出演も明らかに

スポンサーリンク

セガゲームスはPS4向けに開発している『龍が如く最新作』の正式タイトルを『龍が如く7 光と闇の行方』に決定しました。 ジャンルは「ドラマティックRPG」、 発売日は2020年1月16日、価格は8,390円+税。初回特典として「DLC装備アイテム:真島建設セット プロダクトコード」「龍が如くコラボブランドグッズ抽選券」が封入されます。

スポンサーリンク

『龍が如く7 光と闇の行方』について

新主人公「春日一番」による『龍が如く』本編ナンバリングシリーズ最新作。新たな舞台「横浜・ 伊勢佐木異人町」を舞台に熱き男たちの物語が描かれる。

新主人公「春日一番」が物語はもちろん、遊びを大きく変える。

新ポイント1:物語

2001年1月1日。東城会の三次団体「荒川組」に所属する極道、春日一番は、組長・荒川真澄から
若頭・沢城丈の犯した罪を被るよう頼み込まれ、出頭を決意。
愛する組のため、尊敬する親父のため……春日は18年にも及ぶ厳しい刑務所生活を送り、2019年、ついに出所する。

だが、出所をした春日を出迎えてくれる者は、誰一人いなかった。

一人寂しく、故郷である神室町へと戻る春日。
だがそこは、春日の知っているかつての神室町ではなかった。

「神室町3K作戦」という警察の施策により、東城会は崩壊。
現在の神室町は、警察と関西の極道組織・近江連合に完全支配されていた。
そして、そんな状況を作り出した張本人が、荒川真澄なのだという。

「親っさんがそんなことするわけねぇ!」

真意を直接確かめるべく、春日は荒川真澄の元へと向かう。

近江連合組員や、かつての兄貴分・沢城の妨害を撥ね退け、なんとか荒川真澄の元へとたどり着く春日。

「親っさん!」

実の親のように慕う、憧れの極道である「親父」との、18年ぶりの再会――
だがそこで待っていたのは、再会を喜ぶ笑顔ではなく、冷酷な銃口だった。

「すまねぇなぁイチ…… 死んでくれ」

鳴り響く銃声。薄れゆく視界――

「うぅ‥‥!」
生死の淵をさまよいながらも、なんとか意識を取り戻した春日。
だが目覚めた場所は、段ボールハウスが並ぶホームレス街の、汚いゴミ捨て場だった
「……ここはどこだ?」
春日の問いに一人のホームレスが答える。
「イジンチョウ。……伊勢佐木異人町。ここは横浜だ。知ってるだろ?横浜」

新ポイント2:「ライブコマンドRPGバトル」

『龍が如く』シリーズの喧嘩アクションとRPGコマンドシステムが融合した「ライブコマンドRPGバトル」となり、誰もが爽快なバトルを簡単に楽しめるシステムへと進化。
一新されたバトルでは、攻撃や回復、補助などの様々な効果を持つ技を選択することで春日一番とその仲間達が躍動。様々な敵と繰り広げる臨場感あふれるダイナミックな乱闘が展開する。

「職業」の概念があり、例えば「警備員」は「戦士」的な役割の職業。ハローワークのような施設で転職も可能。

新ポイント3:新たな舞台「横浜・伊勢佐木異人町」

東京・神室町の3倍以上に及ぶ広大な新エリア「横浜・伊勢佐木異人町」が舞台。場所ごとに異なった顔を持つ横浜ならではの壮大な物語が描かれる。

もちろん広さだけでなく、そこには過去最大級のボリュームの遊びが収録されるとのこと。

キャスト:豪華俳優陣が物語を彩る

出演

【声優】
中谷一博 / 大塚明夫 / 上坂すみれ / 岡本信彦 / 中村悠一 / 鳥海浩輔
【俳優】
中井貴一 / 堤真一 / 安田顕

春日一番 出演:中谷一博

元・東城会系 荒川組 若衆

実の父親のように慕っていた荒川組組長・荒川真澄からの頼みを聞き入れ、殺人を犯した兄貴分・沢城の身代りになり、出頭。
その後、18年の懲役生活を経て出所。
出所後、東城会が消滅し、関西の極道組織・近江連合が神室町を牛耳っているという現状と、その裏に荒川真澄の存在があることを知り、真意を直接確かめるべく、荒川真澄のもとへと向かう。

沢城丈 出演:堤真一

八代目近江連合 直参荒川組若頭

東城会時代より荒川真澄に仕える武闘派極道。
春日一番を毛嫌いしており、18年の歳月が流れても、その嫌悪感は変わらない。荒川が近江連合の若頭代行となってからは、近江連合直参幹部クラスと同等の権力を持つ。

ナンバ 出演:安田顕

伊勢佐木異人町のホームレス

勤めていた病院の薬を闇で横流ししていたことから、看護師免許をはく奪され、「どん底の街」伊勢佐木異人町へと流れつく。
荒川真澄に撃たれ、意識を失っていた春日一番の命を救ったことをきっかけに、春日と行動を共にするようになる。

荒川真澄 出演:中井貴一

八代目近江連合 若頭補佐 直参荒川組組長

かつては東城会の三次団体「荒川組」の組長だったが、東城会の内部情報を警視庁へリークしたことで、結果的に神室町からの東城会の排除と、近江連合の神室町進出に大きく貢献。
その功績が認められ、現在では近江連合内でも実質的なナンバー2である、若頭代行を任されている。

大きな変化について名越監督のコメント

『龍が如く』は長くやってきて、ひとつの完成形を見た。小さく積み上げるのではなく視点を大きく変化させたかった。RPGとは言っても龍が如くらしさは十分出ている。まずはこの変化が受け入れられるのかを見てみたい。そういう意味では、シリーズ初作を送り出した時と同じような気持ちでいる。(@mochi_wsjより)