タイプムーン、新たなゲーム開発に挑むスタジオ「TYPE-MOON studio BB」設立を発表。スタジオディレクターには先日スクエニを退職した新納一哉氏が就任

スポンサーリンク

タイプムーンが新たなゲーム開発に挑戦するスタジオ「TYPE-MOON studio BB」の設立を発表しました。スタジオディレクターには、先日スクウェア・エニックスからの退職を明らかにした新納一哉氏が就任するとのことです。

新たなゲーム開発に挑戦するスタジオ「TYPE-MOON studio BB」を設立いたしました。スタジオディレクターには新納一哉が就任します。また、公式サイトではクリエイターの募集を行っております。ぜひご覧ください。

TYPE-MOON 公式Twitter

新納一哉氏も自身のTwitterアカウントを通じてこれを発表。それによると、同スタジオではインディ規模タイトル、そして外部の会社とも協力して中規模以上のタイトルという2本柱で活動していく予定とのこと。なお、既に中規模タイトル1本の開発がスタートしており、希望としてはあまり遠くない未来に発表したいと考えているとしています。また、『ドラクエビルダーズ1&2』でシナリオを担当した塚田耕野氏もスタジオ立ち上げメンバーに名を連ねているとのことです。

このたび、わたくし新納はタイプムーン所属となりましたことをご報告いたします。思えばタイプムーンとの付き合いも10年を超え、奈須さん武内さんとまた新しいゲームを作ってみたいと、つのる思いを胸に、ご一緒させていただくことに致しました。

つきましては、小規模ではありますが、タイプムーン内に独立したゲーム開発スタジオ「TYPE-MOON studio BB」を設立いたしました。タイプムーン関連作品はもちろん、オリジナルタイトルなども立ち上げていけたらと思っています。

スタジオ内ではインディ規模タイトルを、そして、社外の会社さんと協力して中規模~タイトルを、という2本柱でやっていく予定です。中規模タイトルは1本スタートしておりまして、あまり遠くない未来に(希望)発表できたらなーと思っています。

あわせまして、今後の開発体制を整えたく、若干名の求人も行っておりますので、ご興味のある方は公式サイトをご覧ください。ベテランゲームプログラマーさん熱烈大歓迎です!

今回、スタジオ立ち上げメンバーとして、ビルダーズ1&2で殴りあった…もとい、シナリオを担当してくれた塚田耕野君が所属することになりました。またみなさんに楽しんでもらえるようなシナリオのゲームを、彼と一緒に作っていけたらと思っています。

未来のことはわかりませんが、一心不乱にゲームを作っていきたいと思っています。studio BBともども、今後ともどうぞよろしくお願いします。

新納一哉氏 Twitter

スタジオ公式サイトでは新納一哉氏をはじめ、TYPE-MOON代表の武内崇氏、シナリオライター奈須きのこ氏からのメッセージも公開されています。

■新納一哉(スタジオディレクター)
studio BBは、TYPE-MOONが新たなゲーム開発に挑戦するために設立した新スタジオです。武内崇、奈須きのこはもちろん、多くのクリエイター、パブリッシャーと協力しTYPE-MOON世界の魅力を、多種多様なゲームとして皆さんにお届けできたらと思っています。

studio BBは、外部のデベロッパーと協力して開発する中規模~大規模の3Dゲームと、社内で開発する小規模の2Dゲームの2つの柱で開発を進めていく方針です。

■武内崇(TYPE-MOON 代表)
新納さんとはじめてお会いしたのは、10年ほど前になります。「この企画を見てください」と『Fate/EXTRA』の企画書を手渡された時の衝撃は、未だに忘れることが出来ません。それは奈須きのこ、そしてTYPE-MOON作品へのラブレターであり、挑戦状であり、そして冒険へ誘う地図でした。 

私達TYPE-MOONにとって、新納一哉は黒船です。新天地より現れて、変革をもたらす冒険者。彼と共に、新しいTYPE-MOONが始まります。あの時と変わらない、冒険の地図を広げる新納さんの笑顔に、今はワクワクが止まりません。

■奈須きのこ(TYPE-MOON シナリオライター)
それは誰もが知る定番の冒険譚でありながら、おかしな視点を持つ語り部による物語だったり。多くの人々が通った足跡だらけの道筋なのに、誰もが見落とした風景を捉えるカメラだったり。新納一哉が作るゲームには、いつもそんな驚きと発見、挑戦がありました。そして自分が好むゲームは、今も昔もずっと、そういうものだったのです。やっと少年の頃に見た夢に追いついた。今はそんな気持ちでいっぱいです。

「いつか何の緩衝材もない環境で一緒にゲームを作りたい」

数年前に交わした夢物語が奇縁の果てに実現しました。間違いなく、『studio BBの立ち上げを喜んでいるランキング』トップ5に入るのは自分です。でも『studio BB』って……嬉しいけど……BBって……(笑)