『アライアンス・アライブ HDリマスター』バトルの肝となるシステム「イグニッション&ファイナルストライク」、様々な機能と支援効果を持つ5つのギルドに関する情報が公開!

スポンサーリンク

フリューは10月10日に発売を予定しているPS4/Switch用ソフト『アライアンス・アライブ HDリマスター』(Steam版はNIS Americaより2020年リリース予定)のバトルとギルドに関するシステム情報を公開しました。

スポンサーリンク

バトル

イグニッション&ファイナルストライク

バトル中の行動に応じてキャラクターのやる気が高まり、ターン終了時に“イグニッション”というステータスになることがある。この状態のまま敵にトドメを刺したり更に覚醒することで、更にパラメータが強化されます。
イグニッション時は装備武具を犠牲に発動する一撃必殺技“ファイナルストライク”が使用可能。イグニッションを利用して覚醒を狙うか、ファイナルストライクに賭けるかの駆け引きがバトルの肝となる。

ギルド

魔族に抵抗するための人間の組織として、諜報、鍛冶、図書、印術、戦術という5つのギルドが登場。物語が進むと、主人公たちの活躍を聞きつけ、NPC(街の人や敵キャラ等)が改心して協力を申し出てくるので、所属ギルドに割り当てることで自分の好きなギルドの勢力を伸ばすことができる。

諜報ギルド

  • ギルド機能:モンスター討伐
  • ギルド支援効果:ターン開始時に支援効果「妨害工作」が発動し敵全体をスタンさせる。

鍛冶ギルド

  • ギルド機能:武具の開発
  • ギルド支援効果:ターン開始時に支援効果「鍛冶ギルド砲」が発動し、敵全体を弾丸で攻撃する。

図書ギルド

  • ギルド機能:アイテム図鑑
  • ギルド支援効果:ターン開始時に支援効果「リアルタイム解析」が発動し、敵全体の物理防御を低下させます。また、戦ったことのある敵の弱点などの情報が確認できる。

印術ギルド

  • ギルド機能:印術の開発
  • ギルド支援効果:ターン開始時に支援効果「印術ギルド防壁」が発動し、味方全体をあらゆる攻撃から守る。

戦術ギルド

  • ギルド機能:陣形作成
  • ギルド支援効果:ターン開始時に支援効果「最適配置調整」が発動し、味方全体のポジション効果をアップする。

ギルドガールズ

各ギルドで働いているギルドスタッフ。

テレグラフ

配属先が決まったNPCは、プレイヤーが世界各地に建てたギルドタワーに派遣される。世界を冒険しながらギルドの仲間を増やし、世界中にタワーを建設することで、分断された世界を一つに繋ぐテレグラフ(連絡網)を作る。こうして作られたテレグラフにより、プレイヤーは世界中の様々な情報を受信できる。