『The Last of Us Part II』は前作よりも約50%大きな作品。あらゆる点で前作を凌駕している

スポンサーリンク

ついに発売日が2020年2月21日に決定したNaughty Dogの最新作『The Last of Us Part II』。最新のトレーラーとゲームプレイ映像で、発売を待ち望むファンの期待を裏切らない圧巻のクオリティを見せつけた本作について、シナリオの共同執筆者である Halley Gross 氏は、『The Last of Us Part II』が前作よりも約50%大きな作品になるとインタビューで明かしました。

これはもちろんゲームの長さに限った話ではなく、すべてのステージがより広大であり、より多くのムービー、より多くのキャラクター、より多くのアニメーション、そしてより良い戦闘システムなど全ての点において前作よりもスケールアップしているとしています。

ちなみに、How Long to Beatによると前作『The Last of Us』(Remastered含む)の平均プレイ時間は14時間30分~15時間30分。もし50%という数値が正確であるならば、『The Last of Us Part II』をクリアするまでに要するプレイ時間は23時間を超える可能性がありそうです。

また、本作はとても巨大かつ複雑なゲームであるため、例えば特定のセグメントをリプレイした際、敵とエリーの両方から“何か新しいものを発見”し、“新しい反応を得る”ことができるとのことです。

Source: wccftech