家庭用ゲーム機&モバイル『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』2020年リリース決定!

スポンサーリンク

ライアットゲームズは、家庭用ゲーム機とiOS/Android向けに『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』を発表しました。PC用オンライン対戦ゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』の10周年記念放送の中で明らかになったもので、現在はアルファおよびベータテストを2019年内に実施すべく準備中。そして、2020年の終わりまでにはモバイル版、その後に家庭用ゲーム機版をリリース予定とのことです。なお、家庭用版の対応プラットフォームおよび日本での展開については2020年春頃に公開予定です。

スポンサーリンク

リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト | アナウンストレーラー

リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト | アナウンストレーラー

ゲーム概要

新たなるサモナーズリフト

フィールド上での5対5の戦闘という楽しさはPC版そのままに、しかし新しいプラットフォームに向けてマップも新設計。『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』では1試合あたり大体15~18分程度の長さを想定しており、2本のアナログスティックによる没入感の高い操作系、そして全く新しいマップがあなたを待っています。

おなじみのチャンピオン

ラックスの「ファイナルスパーク」で敵を灰にするもよし、完璧なタイミングで発動したヤスオの「風殺の壁」から敵に反撃するもよし。チャンピオンの基本性能は『リーグ・オブ・レジェンド』と変わりませんが、親指での操作に合わせ若干のチューニングが加わります。リリース時には約40体のチャンピオンが用意され、その後時間と共に増えていく予定です。

大切なのは財布ではなく腕前

新しい3Dモデルビューワーで好きなチャンピオン、スキンをじっくり眺めたり、フレンドとのランク戦で勝利してイベント限定の戦利品を入手したり。PC版と同じく、『ワイルドリフト』もダウンロード無料、全てのチャンピオンは無料で入手可能です。プレイ時間や強さをお金で買う事は決してできません。