『FFVIIリメイク』や『KHIII』などを手掛けるスクエニ第一開発事業本部、未発表のHDコンソール向け新規IPを開発中!“次世代のアクションゲーム体験の実現を目指す”

スポンサーリンク

スクウェア・エニックスの第一開発事業本部が、未発表のHDコンソール向け新規IPを開発中であることが明らかとなりました。
第一開発事業本部は、『ファイナルファンタジーVII リメイク』や『キングダムハーツIII』、『サガスカーレットグレイス』、『ロマンシングサガ3(リマスター版)』、『ロマンシングサガ リ・ユニバース』などの開発を手掛けており、コンソールからスマートフォンまで様々な分野の卓越した専門能力を持つスタッフが多数在籍している組織です。

同社のキャリア採用ページに記述された内容によると、未発表のHDコンソール向け新規IPタイトルは、世界各地のクリエイターが集まる国際的なチームで、既存のアクションゲームの枠から一歩踏み出した“次世代のアクションゲーム体験”の実現を目指しているとのことです。