ニーア新作『ニーア リィンカーネーション』齊藤P「初見だとスマホに見えない」「全然稼げなくても一石を投じられればいい。それくらい新しい試み」

スポンサーリンク

スクウェア・エニックスが3月29日に発表した、iOS/Android向けニーア新作『NieR Re[in]carnation(ニーア リィンカーネーション)』について、本作のプロデューサー・齊藤陽介氏とディレクター・ヨコオタロウ氏が「【ニーア10周年】オケコン・舞台・トーク無理やり10時間やっちゃう生放送トーク編」で語りました。

  • 『ニーア リィンカーネーション』の開発コードは「ダーク」。
  • 齊藤P「みなさんに早くゲーム画面を見てもらいたい。初見だとスマホに見えない。それくらい真剣にゲームを作った。マルチプラットフォームにしたいくらい」
    「稼げなくてもいい。一石を投じられればいい。 『ニーア』だからスマホの世界にこういう切り口で来るんだ。それくらい新しい試みだと思っている。全然稼げなくて首になっても、ブッコロ(ヨコオタロウ氏が代表取締役を務める会社)に入ればいいだけ(笑)」
    「近いうちに見せられると思う。唯一の問題はディレクターがイケメン」
  • ヨコオD「よくあるような煽り文句だけじゃなくて、本当に新しくて困惑するほど。変なギョッとするタイプのゲーム」