『アサシンクリード ヴァルハラ』ラップバトルの存在が明らかに

スポンサーリンク

ユービーアイソフトが2020年末に発売を予定しているPS5/PS4/Xbox Series X/Xbox One/PC用ソフト『アサシンクリード ヴァルハラ』では、なんとラップバトルが展開することが明らかとなりました。

本作のラップバトルとは、当時のイングランドにおいて、ノース人とサクソン人の両方が宴席で行っていたという「口論詩(フライティング)」という娯楽を再現したもの。誰かが酒を飲み、リズムに乗せて相手を罵倒。それに対して周囲の人々が喝采を送るという史実に基づいたゲームシステムです。

サーガにも、オーディンがリズムに乗せた罵倒でトールを打ち負かしたという記述があり、この歴史のひとつであり文化のひとつでもある「口論詩」をプレイヤーにも楽しんでもらいたいという思いから実装が決定したとのこと。

ゲームでは、エイヴォルに敵対する者や挑んでくる者が現れ、エイヴォルのことを侮辱してきます。エイヴォルはそれに言葉を返さなければなりません。プレイヤーには複数の選択肢が与えられ、その中から受けた侮辱に合う内容であり、なおかつ正しいリズムを持つ答えを選ぶ必要があります。口論詩は単なるお楽しみというだけではなく、その戦いから獲得できるものも用意されています。さらなる詳細は続報をお待ち下さい。