『バブルボブル 4 フレンズ』PS4版の正式タイトルが『バブルボブル 4 フレンズ すかるもんすたの逆襲』に決定。11月発売へ ─ 全100ステージの新エリアなど様々な新要素を追加

スポンサーリンク

タイトーは、Nintendo Switchで発売中の『バブルボブル 4 フレンズ』のPS4版タイトルを『バブルボブル 4 フレンズ すかるもんすたの逆襲』に決定したこと、および発売月が11月に決定したことを発表しました。

PS4『バブルボブル 4 フレンズ すかるもんすたの逆襲』は、Switch版の内容に、全100ステージの新エリア「すかるもんすたの逆襲」など様々な新要素が追加されます。

また、PS4版の発売にあわせてSwitch版でも追加の新要素が遊べる無料アップデートが実施。既存ステージとあわせて計200ステージがプレイ可能となります。

新エリア「すかるもんすたの逆襲」

初代『バブルボブル』から登場する無敵の敵キャラクター、”すかるもんすた”をフィーチャーした新エリア「すかるもんすたの逆襲」が登場。趣向を凝らした遊びごたえのあるステージを、オリジナルのアーケード版と同じくステージ1から100まで続けてクリアしていく。

専用ステージにのみ出現する”すかるもんすた”は、泡に閉じ込めたり倒したりはできず、どこまでもプレイヤーを追いかけてくるため、上手く避けながら他の敵を倒してステージをクリアする必要がある。

既存の100ステージと合わせて合計200ステージがプレイ可能。ステージの追加以外のアップデートも現在開発中。詳細は続報にて。