『あつまれ どうぶつの森』2,240万本を販売!『スマブラSP』や『ポケモン剣盾』などの強豪を抜き去りSwitch販売実績2位の座に就く

スポンサーリンク

任天堂は8月6日、2021年3月期第1四半期決算短信を発表。それによると、ソフトウェア販売本数は5,043万本(前年同期比123%増)、Nintendo Switch本体は568万台(前年同期比166.6%増)を販売しており、いずれも前年同期を上回っています。

あわせて、Nintendo Switchの主要タイトル販売実績を更新。2020年3月末時点では販売数1,177万本だった『あつまれ どうぶつの森』が、わずか3ヶ月で1063万本を上乗せし、『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』や『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』、『ポケットモンスターソード・シールド』などの強豪タイトルを一気に抜き去りSwitch主要タイトル販売実績2位の座に就いています。

  1. マリオカート8 デラックス 2,674万本(3月末時点:2,477万本 )
  2. あつまれ どうぶつの森 2,240万本(1,177万本)
  3. 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL 1,999万本(1,884万本)
  4. ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド 1,860万本(1,741万本)
  5. ポケットモンスターソード・シールド 1,822万本(1,737万本)
  6. スーパーマリオ オデッセイ 1,806万本(1,741万本)
  7. ポケットモンスター Let’s Go!ピカチュウ・イーブイ 1,220万本(1,197万本)
  8. スーパーマリオパーティ 1,094万本(1,010万本)
  9. スプラトゥーン2 1,071万本(1,013万本)
  10. NewスーパーマリオブラザーズU デラックス 744万本(660万本)

また、5月発売の『ゼノブレイド ディフィニティブエディション』は132万本、6月発売の『世界のアソビ大全51』は103万本を販売したとのことです。