”最も陰惨なソウルライク”謳う2DアクションRPG『Morbid: The Seven Acolytes』Gamescom 2020 ゲームプレイトレーラー

スポンサーリンク

Still Running 開発のホラーパンクアクションRPG『Morbid: The Seven Acolytes』(PS4/Xbox One/Switch/PC)の Gamescom 2020 ゲームプレイトレーラーが公開されました。

  • デヴィット・クローネンバーグ監督のゴア表現やH.P.ラヴクラフトの世界観に影響を受けたというホラーパンクアクションRPG。デベロッパーのStill Runningは「最も陰惨なソウルライク」を謳っている。
  • 主人公はディブロム最後の生き残りであり、邪神に仕える7人の侍者を倒すことが目的。
  • モンスターとのバトルやNPCから依頼されるクエストをこなしつつ、スキルやルーンなどでキャラクターを成長させていく。
  • 剣、斧、メイス、槍などの25種類を超える近接武器と、ピストル、ショットガン、ライフルなどの銃が登場。
  • ヘルスとスタミナ、そしてSAN値(正気度)の管理が重要。
Morbid: The Seven Acolytes – Official Trailer | gamescom 2020