REエンジンで開発されたSwitch向け新作『モンスターハンター』が間もなく発表との噂が拡大中 ─ 有名リーカーのツイートが発端

スポンサーリンク

Nintendo Switch向けの新しい『モンスターハンター』が間もなく発表されるという噂を VGCVG247wccftechといった複数の海外メディアが報じています。これは、最近では『バイオハザード ヴィレッジ(8)』をリークするなどカプコン関連情報で実績のあるインサイダーDusk Golem氏によるツイートが発端となったもので、以下のようなことが書かれています。

  • 『モンスターハンター』Switchはもうすぐ明らかになる。
  • Switch向け『モンスターハンター』は、Switch互換版の「RE ENGINE」で動いている。ここ数ヶ月話題が出る度に「つ○」と投稿していたのは「RE ENGINE」のロゴを意味していた。

ちなみに、カプコンは6月の株主総会で「Switch版『モンハンワールド』の計画はない」とする一方、「中高生も楽しめる『モンスターハンター』については開発を計画しており、今後にご期待いただきたい」と述べていました。

Dusk Golem氏はその他にも…

  • Switchでの「RE ENGINE」に関する夢を一つ潰します。『RE7』『RE2』『RE3』はSwitchでは発売されません。『RE7』をSwitchに移植しようとしたことがあったが、満足できる結果にはならなかった(※移植を断念した結果がクラウド版であるとも)。Switch向け「RE ENGINE」ゲームは、そもそもSwitchを念頭に置いて制作する必要があるでしょう。

といったツイートも投稿しています。もちろん全て真偽不明の噂ですのでご注意ください。