新潟県佐渡市、『あつまれ どうぶつの森』ゲーム内にて「さどが島」を12月10日に公開へ ─ 棚田・田んぼアートエリアや金山エリアなど佐渡市関連コンテンツが楽しめる

スポンサーリンク

新潟県佐渡市は、Nintendo Switch用ソフト『あつまれ どうぶつの森』ゲーム内にて、佐渡市オリジナルの「さどが島」を12月10日に公開すると発表しました。

「さどが島」は、昨今の新型コロナウイルス感染症の流行により、遠方への旅行になかなか行けない状況下でも、気軽に佐渡市の観光名所や街並みなどをリモートで楽しんでもらえたらとの想いから制作されたもので、離島の島づくりとしては初の取り組みです。

「さどが島」では、実際の佐渡島をモチーフにした形の島の中に、様々なエリアを用意。GIAHS(ジアス:世界農業遺産)認定の「トキと共生する佐渡の里山」をイメージして制作された「棚田・田んぼアートエリア」や、金鉱石やスコップで佐渡金山を表現した「金山エリア」など、佐渡市に関連したコンテンツ、さらには「さどが島」を存分に楽しめる仕掛けや、こだわりのデザインがあるとのことです。また、佐渡市内の環境業従事者が独自に制作したマイデザインを展示できるハブ施設も設置されるとのことです。なお、”夢番地”は後日改めて発表されます。

ソース:Digital PR Platform