『天穂のサクナヒメ』羽衣が何にも刺さらなかった時の硬直時間短縮といった調整や不具合修正など最新アップデートが配信

スポンサーリンク

えーでるわいすは、発売中のPS4/Switch/PC用ソフト『天穂のサクナヒメ』の最新アップデートを配信しました。更新内容は次の通りです。

  • 羽衣を伸ばして何にも刺さらなかった時の硬直を短縮
  • 「荒田起こし」の熟練度が高い時に当たりづらくなることがある問題修正
    フレームレートが不安定な状況で、 「荒田起こし」が当たらなくなることがあったため修正。
  • 「背水陣」の効果発動中に「天河」「破魔鏡」で命が回復する不具合修正
    「背水陣」は命が回復しないかわりに与えるダメージが上昇する効果だが、「天河」「破魔鏡」では命の回復が可能になっていたため修正。
  • 我が家(外)のカメラを微調整
  • 肥溜めへのアイテムの出し入れで真価の解放条件が更新されないように修正
    肥溜めへアイテムを出し入れするだけで、アイテムの入手回数を条件とする真価の解放が可能だった不具合を修正。なお、肥溜めへ食材を入れっぱなしにしている間の食材の保存については可能なまま。出し入れするだけで鮮度が回復する現象は直したかったが、修正難度と危険度が高かったため保留とのこと。
  • 肥溜めへ食材を入れた時に、作れなくなった献立をクリアするように修正
  • 茶に肥料効果を付加、二番茶(夏)の入手が可能に
  • 赤出秘湯の秘薬の素の入手確率を上昇
    他の採集地の入手確率については検討の結果、ひとまず変更なし。
  • 目標設定中のクエスト情報をデモ中は表示しないように修正
  • 魂寄の面を必要とするイベントデモが魂寄の面+でも進行するように対応
    魂寄の面+の真価解放で魂寄の面を消費してしまい、イベントが進行できなくなるケースがあった問題に対応。

ソース:えーでるわいす