ユービーアイソフト、『アサシンクリード ヴァルハラ』流血表現削除の経緯を説明。既報通り12月中旬のパッチで修正へ。一方、暗殺表現削除は仕様とのこと

スポンサーリンク

ユービーアイソフトは、『アサシンクリード ヴァルハラ』日本版において、事前告知なく流血表現がカットされていた件について、その調査結果を以下の通り報告しました。

・流血表現の変更に関する案内に関して
当初、日本語版の表現修正に流血表現の削除が含まれると発表いたしましたが、その後の調査で流血表現が無いことはオプションの設定ミスということが分かり、12月中旬配布のパッチにて修正が可能であることを発表いたしました。
上記に至った経緯としましては、日本語版における表現修正項目の誤認に原因があることが社内調査で発覚いたしました。
今後はこのような事がないよう、管理体制の強化を行っていきます。

また、やはり事前告知なく削除されていた暗殺表現については「社内の情報の受け渡しとその確認態勢に不備があり、人為的ミスによって発表から本項目が漏れていた」と説明。つまり、日本語版で暗殺表現がカットされているのはあくまでも仕様であり、今後も追加されることはないようです。

ソース:UBIBLOG