CD PROJEKT RED、『サイバーパンク2077』推定販売数を1,300万本以上と発表 ─ 返金リクエスト分を差し引いた数

スポンサーリンク

CD PROJEKT REDは、12月10日に発売したPS4/Xbox One/PC用ソフト『サイバーパンク2077』の全世界における推定の販売本数が1,300万本以上であると発表しました。これは、デジタル配信プラットフォームからの報告およびパッケージ版を販売する各店舗から収集したデータに基づくものであり、現在受付中の返金リクエスト分は差し引いた数とのことです。

同社はローンチ直後に予約だけで800万本を突破したと報告していましたが、そこから2週間で500万本を上乗せした形。PS4/Xbox One版は様々な問題を抱えた未完成とも言える状態で発売したことからユーザーから不満が爆発。現在同社はCS版のパッケージ/ダウンロードともに返金リクエストを受け付けており、その対応に追われています。並行して、全体的なゲーム体験を改善すべくパッチ開発に取り組んでおり、来年1月と2月には大型アップデートを実施予定。これにより、大きな問題を修正できる見込みであるとしています。