Switch『A列車で行こう はじまる観光計画』発売日が3月12日に決定

スポンサーリンク

アートディンクは、Nintendo Switch用ソフト『A列車で行こう はじまる観光計画』の発売日を3月12日に決定しました。価格は6,980円+税です。パッケージ版の早期購入特典としてオリジナルサウンドトラックCD「おでかけ日和」が用意。本作に使用されている楽曲を中心に全18曲を収録しており、「街角の女」など歴代シリーズの中で人気の楽曲も4曲収録されています。

本作は、都市開発鉄道シミュレーションゲーム『A列車で行こう』シリーズの最新作。新たに「観光」というテーマが加わり、昔ながらの街並みや温泉などの資源を生かして、観光地を作り出すことが可能に。都市部では、大型テーマパークや巨大タワーなどの観光地を建設し、都市型観光地として発展させることも。加えて、列車をカスタマイズすることで、都市部や観光地など、街の風情にあった列車を運行し情緒豊かな街並みを楽しむことができます。さらに、地形や会話、クリア条件を編集して自由なマップ作りが楽しめ、自作マップはオンラインでシェア可能です。

以下、新情報をまとめて。

  • 新たな輸送手段としてフェリーが追加。観光地をめぐるバスルートを作ったり、離島などへ海路で人を運び入れるなど、立地を生かした観光地開発が楽しめる。
  • 観光・開発にまつわる諸事情を抱える街が舞台のシナリオ8本を収録。
    「新幹線開通で莫大な借金を背負ってしまった街」や「赤字続きの球団を有する鉄道会社」など。
  • 車両カスタマイズでは、ライトや窓の形、車体のペイントまで調整可能。鉄道だけでも24車種から選択でき、バスやトラックなどのカスタマイズも可能。