【モン勇】Switch『モンスターを倒して強い剣や鎧を手にしなさい。勇者隊が魔王を倒すその日を信じています。』詳細公開。より良い評価を目指してプレイする“腕試し・ダンジョンRPG”に

スポンサーリンク

エクスペリエンスは、Nintendo Switch向け新作RPG『モンスターを倒して強い剣や鎧を手にしなさい。勇者隊が魔王を倒すその日を信じています。』の詳細を公開しました。

  • 他機種への移植は考えていない。ただし、海外移植をしてくれる会社が見つかった場合、Switch以外のハードでも発売される可能性がある。
  • 発売日は未定。
  • キャラクターデザイン:モタ氏 モンスターデザイン:山本章史氏
  • オープニング映像(プロローグ)が公開。
  • ダンジョンRPGの原点回帰。初代『ウィザードリィ』で感じたワクワクや恐怖を再現しようとしている。難易度は厳し目。おそらく『黄泉ヲ裂ク華』よりも難しい。頻繁に全滅する。
  • 名前や職業、見た目など自分で好きなようにキャラメイクが可能だが、ステータスに割り振れるボーナスポイントに関しては完全ランダム。何度でもやり直すことは可能なので、強キャラが欲しければ高いボーナス値が出るまで粘れば良い。なお、20以上のボーナスポイントが出る確率は1%程度。
  • キャラロスト、お金がなくなる、経験値が半減などといった厳しいデスペナルティはない。
  • NPCの一部が公開。エターニアはプロローグで喋っていた妖精界の女王。チュッケはナビゲーター的な役割で、勇者たちが滞在する冒険者ギルドの管理人。
  • ダンジョン。中心に描かれているのは「フレイ」という名のボスキャラで、7魔王のひとり。各階層にボスがいる。ボスキャラの倒し方、ダンジョンの攻略の仕方はいつもよりも凝っている。考えないとうまく倒せない、たどり着けない。歯ごたえ有り。
  • レベルキャップあり。その制限の中で戦っていくタイプのゲーム。
  • シンボルエンカウント。敵シンボルは動くものも。強敵も動く。色んなタイプの移動する敵がいる。
  • 最初はダンジョンマップなし。システム上、あることをするとマップが開放される。マップ開放後はオートパイロット可能。マップを見つけるまでは自力でマッピングを。
  • 7つの魔王を倒すまでをひとつの区切りとして、プレイヤースキルを評価する機能が入っている。評価基準は色々あり、なるべく全滅しない、なるべく低レベルでクリアなど。それを達成して、良い評価を目指して楽しむというゲーム。良い評価を得るとアイテムなどのご褒美が貰える。最大のご褒美として、必ず1ランク上の宝箱が出るようになる。つまり良い評価を取ることで、より良い装備が入手しやすくなっていく。
  • キャラクターレベルは勝手に上がるわけではなく、貯まった経験値を消費して任意にレベルアップする方式。スキルや職業は『黄泉ヲ裂ク華』に近い。
  • オートセーブ。任意のセーブもあるので、好きなところでセーブしてやり直すことも可能。
  • 装備品は使えば使うほど強化値が上がっていく。

これらの情報は「EXPチャンネル 3rd Season #24」にて明かされたもので、デモプレイも披露されました。下の動画からチェック可能です。頭出し済み。