「東京ゲームショウ2021 オンライン」9月30日~10月3日に開催決定 ─ プレスやインフルエンサーが実際にゲームに触れられるオフライン会場も設置へ

スポンサーリンク

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会は、日経BPと電通との共催のもと、2021年の東京ゲームショウをオンラインで開催すると発表しました。会期は9月30日(木)から10月3日(日)までの4日間で、オンライン商談のみ9月29日からスタートするとのこと。本日より出展申込の受付が始まっており、締め切りは6月25日(金)です。

  • 「東京ゲームショウ2021 オンライン」のテーマは「それでも、僕らにはゲームがある」
  • 2度目のオンライン開催となる今年はさらに進化した内容に。公式番組を中心に、EC、ビジネスマッチングなどをオンライン上で展開し、体験版の試遊企画も新たに実施。さらに、プレスおよびインフルエンサーが、実際に新作ゲームに触れられるオフライン会場を用意し、出展社への取材や出展タイトルの試遊ができる環境を用意。
  • 「TGS2021 ONLINE」ポータルサイトを9月1日に一般向けにオープン(予定)し、会期に向けて順次、以下の企画をオンライン上で開催。
    • 全ての公式番組を4日間にわたってオンライン配信。YouTube、Twitter、niconico、Twitch、Facebook、抖音(Douyin)、闘魚(DouYu)、bilibili ほか、国内外の有力動画プラットフォーム上で、日本、欧米、中国などグローバルに発信。全番組で日本語に加え、英語の同時通訳バージョンも並行配信。
    • ゲームプラットフォーマーのオンラインストア等と連携し、ゲームファンがオンライン上で新作ゲームの体験版などを無料で遊べる企画を実施。
    • Amazon特設会場では、TGS各種コンテンツをライブ視聴しながら、様々な商品の購入が可能。出展社番組と連動したライブ感のある商品購入の機会なども提供。
    • 出展社がオンライン上で商談ができるビジネスマッチングシステムを用意。
    • プレスやインフルエンサーが実際にゲームを遊んだり取材ができるオフライン会場を幕張メッセに設ける。会場では各出展社が試遊・展示用ブースを設け、記者に向けたプレスカンファレンスも開催。
    • HIS社と連携し、一般客を対象に「プレス・インフルエンサー向け試遊・展示」の会場を巡るオンライン体験ツアーを開催(参加は有料)。オンライン上で各出展社のブースを訪れたり、会場内の様子が見られるほ、ゲームクリエイターとコミュニケーションが取れるなど。

ソース:公式サイト