『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』新プレイアブルキャラのリベットや武器などを紹介する15分のプレイ映像がお披露目

スポンサーリンク

SIEが6月11日に発売するInsomniac Games開発のアクションゲーム『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』。本日配信された「State of Play」にて、15分にわたる長尺ゲームプレイがお披露目されました。クリエイティブ・ディレクターを務めるマーカス・スミス氏が本作の魅力を解説してくれます。

Ratchet & Clank: Rift Apart – State of Play | PS5
  • 独立したストーリーとなっており、シリーズ初体験でも楽しめる。
  • もうひとりのロンバックス族「リベット」が新たなプレイアブルキャラクターとして登場。
  • 相棒のクランクとはぐれてしまったラチェットは、ネファリウスシティという異次元の謎の都市にいる。この次元ではドクター・ネファリウスがより強大な力を持っている。
  • 移動アクションがパワーアップしており、ダッシュやウォールランでステージを軽快に移動できる。アクションを繋げて爽快なコンボを生み出すことも可能。
  • 次元の裂け目にワープテザーを使えば、裂け目の向こうに一瞬で移動して逃げたり、敵の裏をかいたりできる。
  • アダプティブトリガーやハプティックフィードバックを活用して、これまで以上に武器のパワーを体感できる。例えばバーストピストル。トリガーを半分まで引けば狙いすました一発を放て、完全に引けば広範囲を素早く攻撃できる。どちらの場合も、プレイヤーには発射の衝撃やヒットの感覚が伝わる。エンフォーサーなら、トリガーを半分まで引くとリロード時間を減らした単発攻撃、トリガーを完全に引くと強力な双発の近距離攻撃が行え、どちらも発射のインパクトを感じられる。
  • PS5の超高速SSDによって、全く違う場所へ瞬時にテレポートできるようになった。小さなアリーナではなく、別の星のステージをまるごと全部ロードできる。
  • 過去作に登場した星の異次元バージョンがいくつか登場。また、過去作品の武器もいくつか復活。
  • 「グリーンスプリンクラー」という武器を投げる時、トリガーに抵抗を感じられる。スプリンクラーが地面に落ちて肥料をばらまくと、敵が植物に変身し刈り取れるようになったことが感覚的に分かる。
  • 「シャッターボム」は、敵に大ダメージを与えるグレネードで、ハプティックフィードバックで爆発の衝撃を体感できる。
  • 探索可能なオープンエリア、クランクの次元パズル、グリッジミッション、アリーナチャレンジ、空中戦、ゴールデンボルトの収集、あちこちに点在する小空間「次元ポケット」の探索、アーマーの収集、シリーズ初のフォトモードなど様々な楽しみが用意されている。
  • より多くの人が楽しめるように様々な設定を用意。詳細は今後届ける。
  • ラチェクラ史上最高のグラフィックで、異次元の星、武器、アクション満載のバトルを、ロード時間ほぼゼロで楽しめる。