『女神転生』『真・女神転生』のレジェンドタッグによるビジュアルノベル『十三月のふたり姫』Steam版が12月3日にリリースへ

スポンサーリンク

講談社ゲームクリエイターズラボ支援作品であるビジュアルノベル『十三月のふたり姫』の発売日が12月3日(土)に決定。Steamにてリリースされます。開発及びパブリッシャーはコバヤシマル合同会社。価格は2,400円(税込)。言語は日本語と英語に対応します。なお、iOS/Android版のリリース準備も進んでおり、リリース日は追って発表されます。

スポンサーリンク

『十三月のふたり姫』について

トレーラー

ゲーム概要

本作は『眠れる森の美女』を新たな解釈で再創造したビジュアルノベル。伝説的ゲームクリエイターと新進気鋭のアート作家、そしてアニメ業界とゲーム業界の職人が一丸となって、斬新でありながらも懐かしい手触りの作品を創り上げました。

物語

イバラに包まれた城で12世紀から21世紀までの千年間、眠り続ける姫と寄り添う魔女ウルウヅキの物語。
姫のもとを100年ごとに訪れる王子は、いずれ歴史に名を残す偉人たち。デカルト、ファウスト、ノストラダムス・・・姫に真実の愛を届けて瞳を開くのは誰なのか。ウルウヅキの想いはかなうのか。千年にわたる物語、そのカーテンを開くのはあなたです。

ゲームシステム

基本システムはアートやサウンドと共にテキストを楽しむビジュアルノベルです。そこにアニメーションやボイス、3D技術による視覚効果も加えて、新たな手触りの作品に仕上がっています。

スタッフ

『女神転生』、『真・女神転生』を手掛けたレジェンド

  • シナリオ:鈴木一也
  • サウンド:増子津可燦

世界から注目される幻想絵師、アートバトル世界王者

  • キャラクターデザイン・美術:アオガチョウ

名作『女神転生』シリーズを手掛けた鈴木一也がシナリオ、増子津可燦がサウンド、アートバトル選手権LIMITS初代世界王者アオガチョウがキャラクターデザインが美術監督として参加しています。また、クリエイター発のインディー作品であり、全シナリオ、全サウンド、全アートを各クリエイターが創造しており、作品のコピーライト表記にも名を並べています。

キャラクター

イバラ姫

イバラに囲まれた城で眠るお姫様。運命の王子による真実の愛をたたえたキスでしか目覚めることはない。キャラクターボイス:森田涼花(Suzuka Morita)

閏月(ウルウヅキ )

月の女神に仕える十三番目の巫女。すべての人々が眠りに就いている城の中、たった一人で姫を見守っている。キャラクターボイス:ςera(sera)

グリマルキン

閏月の使い魔。猫のようだが猫ではないらしい。影に忍んだり、巨大化したり、なかなか有能。
キャラクターボイス:大塚明夫 (Akio Otsuka)

黒の王子

正体不明、神か悪魔か魔界の住人か。姫と閏月の運命に大きく関わるようだが・・・。
キャラクターボイス:置鮎龍太郎(Ryotaro Okiayu)

Steam:十三月のふたり姫/The 13th month
名作童話「眠れる森の美女」を、まったく新たな解釈でビジュアルノベルに再構築。悪魔的な魅力を放つアート、サウンド、物語があなたを幻想世界へ連れ去ります。

情報元:PR TIMES

タイトルとURLをコピーしました