きみとぼくの見ている世界は本当に同じだろうか?2人専用パズルADV『違う冬のぼくら』2月14日よりSteam早期アクセス開始へ

スポンサーリンク

『ひとりぼっち惑星』や『おわかれのほし』など、独自の世界観を持つ作家性の強いゲーム開発者ところにょり氏の新作であり、講談社ゲームクリエイターズラボ支援作品『違い冬のぼくら』のSteam早期アクセス版が2023年2月14日にリリース決定しました。価格は未定です。

スポンサーリンク

『違う冬のぼくら』について

トレーラー

ゲーム概要

『違う冬のぼくら』は「2人プレイ専用」パズルアドベンチャーゲームです。
端末2台で遊ぶ2人プレイ専用ゲームであり、
協力ゲームでありながら両者の画面に映っているものがまったく違っています。

例えば、同じ人間を見ているはずなのに、片方にはそれが絵本のような動物のキャラクターに見え、もう片方にはそれがロボットのように見えています。
(その認識の違いによって、フィールド上のオブジェクトがそれぞれの世界で異なる働きをします)
プレイヤーたちは自分にしか見えていないことを会話によって相手と共有し、
協力して謎やパズルを解くことで旅をつづけていきます。
オンラインによって、離れた場所で通話しながらのプレイも可能です。

【ゲーム説明】
基本的なゲームシステムは横スクロールのパズルアドベンチャーで、
その中に2人での協力プレイ要素が入っています。
物語の途中でプレイヤーたちに迫られる、いくつかの重大な選択。
そこでの選択によって、展開は複数に分岐します。

【このゲーム最大の特徴】
このゲームが他のゲームと大きく異なるのは「一緒に遊ぶ相手が必要」だという点です。
1人でも、コンピューター(CPU)相手でも、このゲームをプレイすることはできません。
必ず2人のプレイヤーが必要となります。
つまりこのゲームは「誰と一緒に遊ぶのか?」を決めるところからスタートします。
総プレイ時間は3〜4時間程度。その中で2人のプレイヤーはお互いに話し合い、
認識を擦り合わせ、問題を解決し、そして重大な決断を下します。

【ストーリー】
家出をした2人の少年が、旅の途中で発見した「鹿の死体」。
それを見た彼らは気を失い、お互いの見るものすべてが違って見えるようになってしまった。
片方は動物の世界、もう片方は機械の世界。少年たちは自分の身に起きた謎を解き明かし、
元の世界に戻ることはできるのか?

違う冬のぼくら/BOKURA on Steam
"I wanted to find out how far 'far away' really was." BOKURA is a two-player puzzle adventure game. Play as two boys who ran away from their homes and...
タイトルとURLをコピーしました