『ダンガンロンパ』と『極限脱出シリーズ』のクリエイターがおくる“極限”と“絶望”のADV『ハンドレッドライン 最終防衛学園』発表。Switch/Steamで2025年リリースへ

スポンサーリンク

アニプレックスは、トゥーキョーゲームスが開発を手掛けるSwitch/Steam用ソフト『ハンドレッドライン 最終防衛学園』を発表しました。2025年初頭リリース予定です。

本作は、『ダンガンロンパ』のクリエイター陣と『極限脱出シリーズ』のクリエイターが挑む“極限”と“絶望”のアドベンチャー。「最終防衛学園」に集められた15名の学生たちは、司令官を自称するマスコット「SIREI」から100日間の防衛戦争を命じられる。襲い来る正体不明の敵「侵攻生」や、戦いの裏に潜む真相とは?

スポンサーリンク

『ハンドレッドライン 最終防衛学園』について

トレーラー

ゲーム概要

「東京団地」で暮らす主人公「澄野拓海」は、家族や幼なじみの「カルア」と共に変わり映えのない平凡な日常を送っていた。
しかし、その日常は突如終わりを告げる。
町が燃え盛り、化け物が襲い来る中、司令官を自称する謎のマスコット「SIREI」から、特殊な力を発動させる「我駆力刀(がくりょくとう)」を渡される。
カルアを守るため、拓海は言われるがままに我駆力刀を心臓に突き立てる。

目を覚ますとそこは、「消えない炎」に包まれた「最終防衛学園」。
集められた15人の学生たちは、SIREIから「特別防衛隊」に任命される。
そして、襲い来る正体不明の敵「侵校生(しんこうせい)」 から学園を100日間守り抜くことに。
失った日常を取り戻すため、絶望に染められた100日間の学園生活が幕を開ける――

【極限×絶望の100エンディング】

拓海の選択によって物語の結末が変わっていく!

【防衛戦SRPGパート】

「防衛戦」を展開させ、侵校生から学園を100日間守り抜け!
ひとりひとりの「特異科目」を生かして戦いを有利に進めよう。

【自由行動・探索パート】

学園を探索し、仲間たちと絆を深めたり戦いの準備をしよう!
探索で見つけたアイテムを使って仲間へのプレゼントを作成することもできる。

スタッフ

  • ディレクション&シナリオ:
    • 小高和剛「ダンガンロンパ」シリーズ、「超探偵事件簿レインコード」など
    • 打越鋼太郎「極限脱出」シリーズ、「Ever17」 「AIソムニウムファイル」シリーズなど
  • キャラクターデザイン:
    小松崎類「ダンガンロンパ」シリーズ、 「超探偵事件簿レインコード」など
  • クリーチャーデザイン:
    しまどりる「Fate/Grand Order」「ケイオスドラゴン」など
  • 音楽:
    高田雅史「ダンガンロンパ」シリーズ、「No More Heroes」 「超探偵事件簿レインコード」など
『HUNDRED LINE -最終防衛学園-』2025年初頭発売決定
「ダンガンロンパ」のクリエイター陣がおくる最新作『HUNDRED LINE -最終防衛学園-』「2025年初頭」に発売決定!
タイトルとURLをコピーしました