『Fallout 76』は『Rust』や『DayZ』に似たオンラインサバイバルRPG?海外メディアKotakuが報じる

スポンサーリンク

ベセスダが昨夜発表したシリーズ最新作『Fallout 76』。ただし公開されたのはティザートレーラーのみであり、どのようなゲームになるのかは一切不明。気になる詳細については、6月11日午前11時にスタートする「Bethesda E3 Showcase」までお預けとなっています。そんな中、海外メディアKotakuが3人の匿名ソースから得た情報として本作が「オンラインサバイバルRPG」であるとの報道を行いました。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

『Fallout 76』はオンラインサバイバルRPG?

  • もともと本作は『Fallout 4』のマルチプレイヤー版として開発が始動。その後、『DayZ』や『Rust』に代表されるようなサバイバルとマルチプレイヤーの要素を併せ持つスタンドアロンRPGとして開発が本格化した。
  • ストーリーやクエストに加えて、『Fallout 4』に似た建築要素も備えている。
  • 開発は『TESV』や『Fallout 4』のBethesda Game Studios本社スタジオではなく、Bethesda Game Studios Austinが担当。
  • 本作『Fallout 76』の存在、ならびにKotakuが報道している上記ゲーム内容については、昨年末ころから4ch経由で浮上していた。
Fallout 76 – ティザートレーラー
関連リンク

 ・doope! / Game*Spark