正気を保ちながら水没した都市の謎を解くオープンワールドADV『The Sinking City』日本語対応が決定!2019年3月21日にリリースへ

ウクライナのインディースタジオFrogwaresが開発を手掛ける、クトゥルフ神話の影響を受けた探索型アドベンチャー『The Sinking City』(PS4/Xbox One/PC)が日本語に対応し、2019年3月21日にリリースされることが決定しました。

<詳細は以下へ>

『The Sinking City』について

  • クトゥルフ神話の世界観から着想を得た探索型アドベンチャー。
  • 舞台は1992年代のアメリカ・マサチューセッツ州に位置する架空の街オークモント。この街は、不可解な水位上昇によって深刻な浸水被害に遭っている。
  • 主人公である私立探偵チャールズ・リードは、オークモントの水位上昇の謎を解くべく調査を行う。
  • オークモントはオープンワールドで表現されており、プレイヤーは街の中を自由に探索することができる。
  • クトゥルフ神話TRPGで使われる正気度を表すパラメーター「SAN値」を導入。凄惨な出来事や不可解な現象に直面すると上昇し、やがてリチャードは発狂してしまう。
  • 街には異形のモンスターが潜んでおりプレイヤーに襲いかかってくる。ピストルやショットガンといった武器で応戦できるが、弾薬は限られているため、力でねじ伏せるだけの攻略は難しい。
  • メインクエストだけではなくサブクエストも多数用意。ゲームボリュームは30時間ほどで、マルチエンディングが採用されている。
The Sinking City – E3 2018 Gameplay B-roll
関連リンク

 ・Automaton