オンラインRPG『Fallout 76』DLC無料配信。開発資金はコスメティックアイテムなどの少額課金で調達

ベセスダ・ソフトワークスがE3 2018にあわせて発表したポストアポカリプスRPGシリーズ最新作『Fallout 76』。従来はシングルプレイヤーRPGとして進化を続けてきたシリーズが、そのDNAを受け継ぎつつも完全オンラインRPGに変貌を遂げたことで大きな話題を呼んだ本作ですが、さらに新たなビジネスモデルを採用していることが明らかとなっています。

ドキュメンタリーメーカーNoClipが公開した『Fallout 76』のドキュメンタリーによると、本作はマイクロトランザクション(少額課金)が採用されており、そこで調達した資金を使ってダウンロードコンテンツを開発し無料配信していくというビジネスモデルになっているとのこと。ちなみに、マイクロトランザクションの対象は、キャラクターの見た目を変えるコスメティックアイテムになる予定で、課金ユーザーがゲーム的に有利になるようなものではないとのこと。なお、コスメティックアイテムはゲームプレイを通じても入手できる模様です。

また、

Fallout 76's DLC Will Be Free: Bethesda Will Fund it With Cosmetic Micro-Transactions
In the "Making of Fallout 76" documentary, it was revealed that Bethesda plans to make all of Fallout 76's DLC free by funding it via micro-transactions.