『サイバーパンク2077』日本語吹替の有無や表現規制について『ウィッチャー3』ローカライズを手掛けた本間覚氏がコメント

スポンサーリンク

約50分にも及ぶ大ボリュームの公式ゲームプレイデモがお披露目となり、改めて大きな期待と注目が集まっているCD Projekt RED 開発のオープンワールドRPG『サイバーパンク2077』。そんな本作の日本向けローカライズについて、スパイク・チュンソフト在籍当時に『ウィッチャー3 ワイルドハント』の素晴らしい日本語化を手掛け、現在はCD Projekt RED ジャパン・カントリー・マネージャーを担当する本間覚氏が自身のTwitterアカウントを通じてコメントしました。

同氏は問い合わせが多い件について回答する、として以下のように書いています。

  • 日本語吹き替え対応予定です。
  • 本作を規制なしで日本の家庭用ゲーム機に出すのは不可能ですので、相応の変更は入りますが、変更点は可能な限り少なくします。
  • 本作は1人称視点です。運転時およびカットシーンでは3人称にもなります。
スポンサーリンク

関連リンク

コメント

  1. 匿名 より:

    個人的にはバイオ7のように北米版に日本語を入れてくれると嬉しい