任天堂、ゲーム実況動画の投稿などに関するガイドラインを公開。これを遵守するならば個人による収益化も許可する方針に

任天堂は11月29日、「ネットワークにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン」と題したページを公開しました。そこには、同社が定めたガイドラインをきっちり守ってさえいれば、任天堂が著作権を保有するゲーム作品の動画・静止画などを共有サイトに投稿および収益化しても構わないということが書かれています。

任天堂は当社が創造するゲームやキャラクター、世界観に対して、お客様が真摯に情熱をもって向かい合っていただけることに感謝し、その体験が広く共有されることを応援したいと考えております。

 任天堂は、個人であるお客様が、任天堂が著作権を有するゲームからキャプチャーした映像およびスクリーンショット(以下「任天堂のゲーム著作物」といいます)を利用した動画や静止画等を、適切な動画や静止画の共有サイトに投稿(実況を含む)することおよび別途指定するシステムにより収益化することに対して、著作権侵害を主張いたしません。ただし、その投稿に際しては、このガイドラインに従っていただく必要があります。あらかじめご了承ください。

任天堂が想定する共有サイトとは、YouTubeやTwitter、ニコニコ動画、OPENREC.tv、Twitch、Facebookなどで、これらの運営会社によるシステムを利用した投稿の収益化を許可するとしています。また、事前に制作した動画の投稿だけでなくストリーミング配信もガイドラインの対象になるとのことです。

同ページでは、ガイドラインに加えて、多くの方が疑問を抱くであろう点に回答したQ&Aも掲載されているので、任天堂ゲームの実況動画などの投稿を考えている方はしっかり目を通しておきましょう。

ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン|任天堂
ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドラインをご案内します。

なお、上記ガイドラインの公開にあわせて「Nintendo Creators Program」が2018年12月末日をもってサービス終了となることがアナウンスされています。

Nintendo Creators Program
Nintendo Creators ProgramはYoutubeの広告収益を任天堂とシェアするサービスです