『OVERKILL’s The Walking Dead』全バージョンがキャンセル。IPホルダーのSkyboundが契約終了を発表

スポンサーリンク

開発元であるStarbreeze社の経営破綻が報じられ、国内でも発売が無期延期されていた『OVERKILL’s The Walking Dead』について、『The Walking Dead』フランチャイズの権利を所有するSkybound Entertainmentが、Starbreeze Studiosとの契約を終了し、コンシューマ版を含めて同作に関する一切の取り組みを終了すると発表しました。

Skyboundは契約終了について、Starbreezeと共にゲームが抱える多くの問題を解決しよう最善を尽くしたが、最終的に『OVERKILL’s The Walking Dead』は我々の基準を満たすことができず、求める品質に届かなかったと説明しています。

Source: Gematsu