『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』対戦モードとギャラリーモードの情報が公開!デジタルフィギュアでジオラマ作成を楽しむことも可能

スポンサーリンク

アークシステムワークスは2019年に発売を予定しているPS4/Nintendo Switch/PC用ソフト『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』について、対戦モードとギャラリーモードに関する情報を公開しました。

スポンサーリンク

対戦&ギャラリーモードについて

対戦モード

フリー対戦

オフラインでCPUまたは2Pプレイヤーを相手に、手軽に遊べる対戦形式。ダメージ補正をかけるハンディキャップが設定できるほか、CPUの強さも選択可能だ。キャラクターの操作感を確かめたり、好きな組み合わせで遊びたいときにオススメ。

プレイヤーマッチ

オンライン接続環境で、勝敗結果を気にせずフレンドと気軽に遊ぶことができる。フリー対戦同様にハンディキャップが設定できるほか、対戦準備中は定型文チャットでキャラクターになりきったやり取りが行える。

ランクマッチ

オンライン接続環境で真剣勝負が楽しめる。勝敗結果によって段位が上昇していくため、腕を磨いて勝負を重ね、ランキング上位を目指していこう!


ギャラリーモード

ストーリーの振り返りや音楽鑑賞、ジオラマ作成などができるモード。ゲームを遊んで獲得できる“ギャラリーポイント”を消費することで、本モード内のコンテンツを開放できる。

アニメ

ストーリーモードで視聴した3Dアニメパートを見返すことができる。

リプレイ

記録している過去の対戦内容を確認できる。リプレイ確認中はカメラの位置などを自由に操作できるので、いつもとは違う視点で対戦を見ることが可能だ。また、ランキング上位プレイヤーのリプレイをダウンロードして視聴することもできる。


サウンドテスト

ゲーム中に流れるBGMを再生できる。各曲はギャラリーポイントを使うと開放される。

ボイスライブラリ

ゲーム内でキャラクターが話すセリフが聞ける。セリフだけでなく、キャストからプレイヤーへ向けたメッセージなども、ギャラリーポイントで開放することができる。


デジタルフィギュア

キャラクターの3Dモデル・表情・背景・カメラ位置を選び、ゲーム内でジオラマを作成できるモード。素材をそろえて自分の好きなシチュエーションを作成できる。モデルやポーズなどはギャラリーポイントで開放できる。




用語辞典

「キルラキル」に登場するキャラクターや地域、アイテムなどの設定を確認できる。