PS4/XB1『コードヴェイン』システム・アクションを調整した最新バージョン体験版が9月3日に配信決定!体験版専用深層フィールドも用意。ネットワークテストを受けての改修点詳細も明らかに

スポンサーリンク

バンダイナムコエンターテインメントは、PS4/Xbox One版を9月26日、Steam版を9月27日に発売予定の『コードヴェイン』について、無料体験版を9月3日に配信すると発表しました。

スポンサーリンク

体験版の内容について

今回配信の体験版は、2019年5月に配信した「ネットワークテスト版」に対して、ユーザーから寄せられたフィードバックを基に、システム、アクション等に調整を行った最新のバージョン。また、この体験版はワールドワイドで同時配信予定。

実施概要

体験版配信日:2019年9月3日(火) 
対応プラットフォーム:PS4/Xbox One 
体験版配信箇所:PS Store/Microsoft Store

体験版収録内容

  • ゲーム開始時の主人公キャラクターメイキング
  • 物語序盤ストーリー体験(「崩壊都市地下区域」探索)
  • 体験版専用深層フィールド「深層 –闇の巣窟-」探索

ネットワークテストを受けての改修点

プレイヤーアクションの操作レスポンス向上

プレイヤーアクションの「不自由さ」に関する意見が多数寄せられたことを受け、すべての行動を徹底的にチェックし、各種行動への移行をよりスムーズにする改修を行った。

回避への移行や、攻撃後のコンボ入力受付時間など、ほぼすべての行動を改修した。

コードヴェインは強敵とのスリルある戦闘を楽しむアクションゲームであるため、改修によって戦闘のスリルが失われないよう最新の注意を払い調整。戦闘のヒリヒリ感はそのままに、より快適になったアクションでの戦闘を実現。

敵を攻撃した際の爽快感向上

敵を攻撃した際の「痛撃を与えた感」の向上を行った。

アニメーションやヒット時のSE調整、敵撃破時の死亡モーションへの移行をスムーズにする等の幅広い対応を行った。中でも「敵側のリアクションの追加」に注力。

ネットワークテスト版では敵を攻撃した際、ある程度大きなダメージを与えた時のみ“怯み”、“ダウン”のリアクションを取っていたが、製品版では「小ダメージでのプチ怯みリアクション」を実装。怯みやダウンのように敵の攻撃が中断することはないが、与えた攻撃の衝撃に敵の身体が反応するため「痛撃を与えた感」がより感じられる。

状況把握のしやすさの向上

探索中&戦闘中の自身の状況を、より把握しやすくするなるよう対応。各種UIの調整の加え、カメラ挙動に大きく手を入れた。ネットワークテスト版のカメラ挙動と比較すると、プレイヤーから少し遠ざかり全体の状況把握が容易に。

また、敵をロックオンした状態で接近すると俯瞰視点へ移行するようになり、敵との間合いが掴みやすくなった。

その他

バディとの共闘感の向上、各種ユーザビリティの向上などにも取り組んでいる。

改修点一覧