『仁王2』TGS2019プレイアブル出展決定!キービジュアル&新スクリーンショットもお披露目

スポンサーリンク

コーエーテクモゲームスは、PS4ダーク戦国アクションRPG『仁王2』のキービジュアルを公開しました。新たなスクリーンショットもお披露目しています。

9月に開催されるイベント「東京ゲームショウ2019」へのプレイアブル出展決定も発表。試遊特典として「半妖缶バッジ」、達成者特典として「木霊/ 魑魅両面ストラップ 」を用意しているとのことです。

最後に、Team NINJAが最新情報を伝えるメッセージをご紹介します。

『仁王2』の最新情報を心待ちにしてくださっている皆さんに、簡単なアップデート情報をお届けいたします。最初に、主人公にフィーチャーした最新のキーアートをお見せします。メインビジュアルに描かれている主人公は、妖怪の力を持ったサムライで、荒廃した戦国の世で戦いながら、妖怪の棲む常闇の世界に導かれていきます。妖怪化による新たなプレイスタイルと強大な力を持つ妖怪たちとの激しい戦いを楽しみにお待ちください。

また、今年の5月~6月にかけて行なわれたクローズドα体験版に関して、参加していただいた皆さまに深く感謝の意を示すとともに、簡単なフィードバックをいたします。
今回の体験版では、全世界で50,000人を超えるユーザーが『仁王2』に挑戦し、約18,000人より、アンケートへの回答をいただきました。多くの方からは非常にポジティブで、協力的な反応をいただきました。また、全てのご意見に目を通し、分析を行なっています。全てのデータを反映するのはなかなか難しいですが、より良い体験を皆さんにお届けできるよう、調整を進めております。まもなくその成果をお見せできるかと思いますので、ご期待ください。

最後に、9月に行なわれる「東京ゲームショウ2019」において、全世界初の試遊台出展が決定いたしました。まだ、詳細はお伝えできませんが、近いうちにたくさんの情報を皆さまにお届けできそうです。それまでは、ぜひ『仁王』をプレイしながら、侍としての腕を磨き、『仁王2』で内なる妖怪の力を駆使できるよう、入念に準備の上、お待ちください。