PS4/Switch『忍者じゃじゃ丸 コレクション』12月12日発売決定!(※更新)

スポンサーリンク

シティコネクションが2019年に発売予定としている『忍者じゃじゃ丸コレクション』。ビックカメラによると、本作のPS4版が12月12日に発売予定です。Nintendo Switch版もリストされていますが、発売日の記載はありません。価格はパッケージ版が4,200円+税、ダウンロード版が3,980円(税込)です。

※更新:Switch版もPS4と同じく12月12日に発売決定。公式サイトにて正式発表されました。

スポンサーリンク

『忍者じゃじゃ丸コレクション』収録タイトル

『じゃじゃ丸の妖怪大決戦』(新作)

新たな操作感で生まれ変わった“妖怪いっぱい”な爽快アクション。次々に出現する妖怪を、ジャンプと攻撃、そして忍術やアイテムを駆使してやっつけよう。すべて倒すとステージクリアとなる。シリーズお馴染みの妖怪たちや新登場のじゃじゃ丸ファミリーなど、さまざまな能力を持つ20種類以上のキャラクターが使用可能。BGMや設定資料ギャラリーが解放されていくというお楽しみ要素も。1つの画面を共有するローカル2Pプレイに対応。

『忍者じゃじゃ丸くん』(1985年)

ステージ内を走り回る妖怪たちを倒していくアクションゲーム。さらわれたさくら姫を助けるため、忍者のじゃじゃ丸くんがなまず太夫率いる妖怪軍団に挑む。

『じゃじゃ丸の大冒険』(1986年)

横スクロールの通常ステージとボスステージが交互に登場するアクションゲーム。10ステージごとの節目では宿敵なまず太夫とのバトルが発生する。

『じゃじゃ丸忍法帳』(1989)

章仕立てのストーリーが特徴のロールプレイングゲーム。章を選んで始めることが可能で、3つの章をすべてクリアすると最終章へと進むことができる。

『じゃじゃ丸撃魔伝 幻の金魔城』(1990)

見下ろし視点のアクションロールプレイングゲーム。分銅や手裏剣などの忍具が使えるほか、各地にいる守護妖魔を倒すことで使える霊術が増えていく。

『忍者じゃじゃ丸 銀河大作戦』(1991)

ジャンプとダッシュを駆使してステージを進んでいく横スクロールのアクションゲーム。本作ではプレイヤーキャラクターとしてさくら姫も使用可能に。

Source: Gematsu