『龍が如く7』横浜・伊勢佐木異人町を牛耳る三大勢力のひとつ「横浜星龍会」の情報が公開!

スポンサーリンク

セガゲームスは2020年1月16日に発売を予定しているPS4用ソフト『龍が如く7 光と闇の行方』について、本作の舞台である横浜・伊勢佐木異人町を牛耳る三大勢力のひとつ「横浜星龍会」の情報を公開しました。

スポンサーリンク

横浜・伊勢佐木異人町 最大の極道組織「横浜星龍会」

横浜星龍会(よこはませいりゅうかい)

横浜・伊勢佐木異人町を牛耳る三大勢力「異人三」。その一勢力である「横浜星龍会」は横浜唯一にして最大の極道組織。昔気質の生粋の極道・星野 龍平が会長を務め、古くから横浜の裏社会を牛耳っている。

伊勢佐木異人町の裏社会を牛耳る、横浜星龍会の本部。建物には外敵の侵入を防ぐべく、徹底した対策が取られている。厳しい警備も敷かれており、万一侵入できたとしても、生きて帰ってくることはできないと言われている

星野龍平 CV:金尾哲夫

伊勢佐木異人町に存在する唯一の極道組織「横浜星龍会」の会長。義理人情やメンツを重視し、昔気質の任侠道をひたすらに貫く生粋の極道。伊勢佐木異人町の裏社会を長年にわたり牛耳ってきた大物であると同時に、外敵の侵略から異人町を守り続けてきた門番的な存在でもある。

高部守 CV:遠藤大智

横浜星龍会のナンバー2を任されている切れ者。忠誠を誓っている星野 龍平からも、右腕として絶大な信頼を寄せられている。クールな性格でありながら、敵に対しては一切容赦をしない血の気の多さも併せ持つ。