軌跡シリーズ最新作『創の軌跡』2020年夏にPS4でリリース決定!(※詳細&ゲーム画像追加)

スポンサーリンク

日本ファルコムの株主総会にて、軌跡シリーズ最新作『英雄伝説 創(はじまり)の軌跡』が2020年夏にまずPS4でリリース予定であることが発表されました。その他プラットフォームについては検討中で、Nintendo Switchという話も出ているとのこと。これは、海外での売上がここ数年伸びており、PS4以外でも遊びたいという声が大きくなっているため。国内ではコアゲーマーはPS4に集中していると言われるが、海外では垣根なくSwitchもPS4もほぼ同じとのこと。(@michsuzuさんより)

『英雄伝説 創の軌跡』詳細については下記の通り。ちなみに、同じくPS4向けに『英雄伝説 零の軌跡:改』および『英雄伝説 碧の軌跡:改』の2タイトルも発表されています。

スポンサーリンク

『英雄伝説 創の軌跡』について

シリーズ完結に向け、新たな「軌跡」が創(はじ)まる ― PS4専用タイトル『英雄伝説 創の軌跡(はじまりのきせき) 2020年夏発売決定!

日本ファルコム株式会社(代表取締役社長:近藤季洋、以下「日本ファルコム」)は、同社の代表作である大人気ストーリーRPG「軌跡」シリーズ最新作にして、シリーズ完結への転換点となる意欲作、『英雄伝説 創の軌跡(はじまりのきせき)』を、PlayStation 4専用タイトルとして2020年夏に発売予定であることをお知らせ致します。

スポンサーリンク

■『英雄伝説 創の軌跡(はじまりのきせき)』

ここに終わり、ここに創(はじ)まる――

帝国全土を蝕んだ災厄《巨イナル黄昏》。
英雄たちによって危機を乗り越えたゼムリアの地で新たな因果が紡ぎ出され、そして、物語は“終点”へと向けて動き出していく。

舞台は災厄《巨イナル黄昏》後のゼムリア大陸。
大陸各地で活動する三人の主人公を軸に、数奇な運命が複雑に絡み合っていく。

ある者は“英雄”として。
ある者は“解放者”として。
ある者は“隠者”として――。

三つのルートを任意に切り替え、異なる視点で同時間軸の物語を描いていく「クロスストーリー」システム、新規登場キャラを含む50人以上のプレイアブルキャラクター、各キャラクターの背景を掘り下げる膨大な「エピソード」シナリオなど、「軌跡」シリーズの長所を活かした新規システムを多数搭載!

再独立を目前に控えた今、クロスベルの人々は何を想うのか?
強大な柱を喪ってしまった帝国人の胸に去来するものとは?
そして、盟主グランドマスターの宣言により『オルフェウス最終計画』を新たな段階へと引き上げた結社《身喰らう蛇》の思惑は……?

「軌跡」シリーズ生誕 15周年を迎え、シリーズ全体の完結に向けて新たなスタートを切る最新作『英雄伝説 創の軌跡(はじまりのきせき)』にご期待ください!

■『英雄伝説 創の軌跡(はじまりのきせき)』ティザーサイト
https://www.falcom.co.jp/hajimari/

■『軌跡シリーズ』リニューアル版ポータルサイト
https://www.falcom.co.jp/kiseki/

開発中ゲーム画面