元コジマプロダクション今泉健一郎氏が中国企業Tencentに入社

スポンサーリンク

South China Morning Postは、小島秀夫監督と共に多数の『メタルギア』シリーズを手掛け、新生コジマプロダクション創設メンバーのひとりでもある今泉健一郎氏が、中国企業Tencentにプロダクションディレクターとして入社したと報道しました。また、『Halo 4』のリードデザイナーを務めた Scott Warner氏の入社も報じられており、同氏は北米TencentのTiMi Studiosを率いるとのことです。

今泉健一郎氏は、『メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ』以降の全てのメタルギアソリッドシリーズに携わったベテランで、『メタルギアソリッド4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット』 や『メタルギアソリッド ピースウォーカー』、『メタルギアソリッドV ファントム・ペイン』などでプロデューサーを務めた人物。前述の通り、小島監督や新川洋司氏と共にコジマプロダクションを立ち上げた創設メンバーの一人であり、同スタジオの処女作『デス・ストランディング』のプロデューサーも担当。そんな小島監督の盟友とも言える今泉氏ですが、昨年11月、他の取締役との意見の相違が原因でコジマプロダクションを退職したと海外メディアVGCによって報じられていました。

Source: VGC